So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

道南ツーリング2017 その2 [touring]

北海道ツーリング2日目。


午前5時に起床し、6時に函館クロスロードを出発です。


IMGP0280.JPG



前日の予報では雨模様だったけど、なんか台風15号が徐々に東側へ移動したみたいで


北海道直撃はなくなったようだ。


これは我々ついているな^^









函館クロスロードのオーナーさんも朝早くから見送ってくれまして、あらためて北海道ツーリング開始です。

P9020105.JPG


本州と気温差はさほどないようだけど、やっぱり湿気が少ないのでメシュジャケじゃなくて良かったよ。










最初の目的地は、函館市内を通り抜けて汐首岬方面へ向かいます。


函館市内は路面電車が走っているので、あまりお目にかからない路面電車用の信号機が沢山あって


一周戸惑いましたが、朝早いせいか電車は見当たらずに通り過ぎてしまいましたよ。


IMGP0288.JPG


津軽海峡を右手に見ながらR278を走って行きます。





















そして、約40分ほどで到着。


P9020129_800_edited.jpg


近代遺産を補給。






旧戸井線アーチ橋

P9020106.JPG


昭和12年に着工し昭和18年に中断してしまった、未完成の戸井線。


五稜郭から東側ルートで線路を引く計画だったけど、戦争が悪化して中断となり戦後も再生叶わず、現存のままとなっております。


他にも橋脚や線路跡なども左手に見ながら走ってきましたが、ここのアーチ橋が一番象徴的でしょう。



P9020108.JPG

結構な高さがあり、見ごたえ十分です。







因みにANIKIの嗜好品でございまして、かなり感動しておりますが、

副長は至って冷静でございます。

P9020121.JPG


それでも、付き合って頂けております。











シェンロンした後は、R278を戻って再び函館市内へ


っとそこに、

P9020134.JPG


函館市電を偶然に発見!!








ちょっとだけでしたが、停車して写真に納めました。

P9020144.JPG

湯の川停留所といって終点のようです。


できれば乗ってみたいのだけど、それじゃ趣旨がちがってきますのでまた今度(笑)。



ではツーリングを楽しみます。















函館市内から函館新道を通り抜けて、大沼公園を目指して進みます。

IMGP0301.JPG


本日のメインは積丹半島の神威岬ですので北上致します。







公園!?にしてはでかいでかい。

IMGP0302.JPG


沼じゃねーレベルだぞ、これは湖だね。













大沼公園駅前でトイレ休憩。

P9020147.JPG






やっぱり9月初めにしちゃ寒いね。


P9020149.JPG


お店もまだ開店前の朝8時半前。


なので見る個所も無いので、先に進みましょう。













大沼公園ICから道央自動車道にのり、一気にワープ!!


IMGP0304.JPG




土曜日ですが、空いております。



IMGP0305.JPG



長万部ICで降りまして、


R5を通り抜けると、




IMGP0312.JPG


日差しが出てきましたよ。











道9号を抜けて、日本海側のR229にでると



IMGP0338_800.JPG


青空発見。








意味なくガッツポーズするほどのテンションアップです。


IMGP0339.JPG


晴れていがったな~













海沿いの道の駅「シェルプラザ・港」で休憩。

P9020160.JPG



P9020159.JPG


ちょっとした感想なんだけど、北海道の道の駅って本州のそれと比べると意外と質素な感じです。


レストランなんかも無く、あるのはソフトクリームくらいかな。



お昼を済まそうと、他2件ほど道の駅に寄ったけど、やはり同じ。








神威岬まだあとちょっとのところにある


道の駅「オスコイ!かもえない」どういう意味だ?


P9020172_800_edited.jpg





P9020176.JPG


やっぱりここも食堂無かったので、もうそのまま神威岬まで行きましょうか。












R229から左手の道を進むと、神威岬の駐車場とレストハウスを発見。

P9020186.JPG



ここでランチをとります。






いつも海沿いを走ると、頭に描くのが魚介たっぷり海鮮丼系





今回は岬丼という海鮮丼をチョイスしました。

P9020180.JPG



注文して3分くらいで到着。


時間に限りがあるツーリングではこの速さは味方になる。


たとえ、冷凍物のイカが凍っていても、ワタシは差し支えないと思います。


そう、イカがシャリシャリっと音立てていてもです。イクラ、ホタテはうま!



P9020182_800_edited.jpg


前日の良ちゃんが出した美味のイカがそうさせるのだろう。。。



けど、味はもちろん合格っす。
















では、腹ごしらえも済んだことだし、食後の運動しましょう。


P9020189.JPG


副長が指している個所に歩いて行きます。

およそ30分間のウォーキング開始です。




風が気持ちよく爽快な神威岬。


P9020188_800_edited.jpg


行きましょう。






出だしはアスファルトですし、快調そのもの。


P9020195.JPG




入口付近に到着。

P9020199.JPG




上の看板には女人禁制の文字が。

P9020201.JPG


副長にひげを付けてもらって、ダンスしながら行ってもらおうかとも考えたけど、


今は女性も通行可能ですぜ。






神威岬って尾根を通って端までいくんですね。


P9020209.JPG





けど昔は違ったらしく、

P9020215.JPG

海岸付近にトンネルがありまして、





ズームすると

P9020214.JPG


大正3年に着工した手掘りのトンネル「念仏トンネル」というんですって。


事故が起きたのをきっかけに念仏を唱えながら掘って、食い違った両側が貫通できたって言われています。


昔の人はココを通ってたんですね。









こうして風景を楽しみながら散策しておりましても、


日頃の運動不足がたたって、息が上がっておりましたよ。


P9020217.JPG



はい、注意します。






このように細い道でアップダウンの高低差が激しい遊歩道です。



P9020216.JPG





無言で黙々と歩いてくると、ようやく神威岬灯台が見えて来たよ。




P9020224.JPG





P9020227.JPG






灯台を過ぎると、ようやく絶景ポイントが現れてきました。


休みの日なので、大陸から来られた観光客が沢山おりますよ。


P9020226.JPG


結構きつかったけど、ワタシと副長、青森の仏ヶ浦よりは楽勝だったな、と同じ感想だった(笑)。


































そんでもって、最先端。





これが、本当の積丹ブルーだ。


P9020231_800_edited.jpg


うっひょー!!


ブルブルするぜ。


気のせいかもしれないけど、水平線が若干丸みを帯びているように見えましたよ。





















そして


横を眺めると、


これまたエメラルドグリーンの海


P9020234_800_edited.jpg


うっひょー!!


エメエメするぜ!!























パワーモード全開で撮った記念写真もあったけど、最先端が見える個所は人だかりでしたので


大人しめの写真で記念撮影。


P9020248.JPG


はい、あれが神威岩っすよ。















高さは41m
P9020230_800_edited.jpg
歩いてこなければ、堪能できない景色。
見ごたえのある景色って、基本歩いて行かなくちゃ見れないんだなってツーリングを重ねてあらためて思いました。














じっくり景色を眺めましたら、帰り足としましょう。


P9020258.JPG


ススキが秋の訪れを感じさせます。























あ、忘れてた。



明治23年8月25日に初点灯した、神威岬灯台に向かって

P9020251_800_edited.jpg


敬礼!!




言葉の通じない観光客の方が往来してましたので、ずっと決まるまでシェンロンポーズして腰が痛くなる(笑)。。




















息が上がるぜ。。。


P9020264.JPG


春先に山登りなぞ始めたけど、まだまだ体力が足りぬな。。













駐車場に付いて、再び午後のツーリング開始です。














R229を余市方面へ向かい、


古平町から余市町に抜ける手前のトンネルで停止。




P9020267.JPG




ルートを考慮した際に、トンネル名を確認したら、フッとテレビニュースの映像を思い出したので、


せっかく通る場所ですし、風化させない意味を込めて手をあわせてきました。




P9020271.JPG



1996年2月10日にトンネル内で崩落事故が発生し、バスと乗用車の合わせて20名の犠牲者となった豊浜トンネル事故


の現場です。



P9020270.JPG


痛ましい事故ですし、ワタシも20代だったので鮮明に覚えておりました。



日頃トンネルを使用するドライバー、ライダーも当事者になる事も十分考えられるので、



このような事故は2度と繰り返してほしくないものです。




慰霊碑もございましたので、しっかり手をあわせてきました。




ご冥福をお祈りいたします。










IMGP0355.JPG







余市町を通り過ぎて、同じR229でも「雷電国道」とよばれる個所に差し掛かった時、



ワタシの前の前に白い軽自動車、ワタシの前には普通自動車が走っており、白い軽自動車がトロトロ運転してたので



ちょうど登坂車線が現れた時に前の普通自動車が追い越しをかけました。



ワタシも後を追って追い越した直後、



遥か後方から赤ランプの覆面が・・・



ワタシも普通自動車も速度超過するほどのスピードを出しておらず、緊急車両かと思い道を譲ったら、拡声器で



「車間距離を十分あけるように!!」


って、いやいや十分あいているって。。でもまぁうなづきましたけど、



けどその覆面が今度は、今言った事も忘れたかのように、前を走ってた普通自動車に車間距離なんざねーぞと言わんばかりに


ピッタリと煽る様に走行。


オイオイって突っ込み欲しいのかと思いましたけど、北海道の警察はこんな感じて取り締まっているのかな??



インカムで副長は「言っている事とやっている事、違うだろ!!」っと。。こちらも赤ランプが点灯していたようです。






ちなみに、女神のタンデムステップに後方へむけてウェアラブルカメラを録画してましたので、こんなキャプチャー取れましたぞ。



覆面だぜ.jpg


紺のレガシーB4には気を付けようね。


















R229からR5へと向かい


海の町から山間の里へ


IMGP0359_800.JPG



具知安町から京極町へ抜ける道478を東へ向けて走りましょう。




IMGP0362.JPG






そうすると、右手に羊蹄山を眺めながら真っ直ぐな道をひたすら走れます。







IMGP0366.JPG


別名:蝦夷富士





ちょっと雲があって隠れているかな。










いつも思うけど、北海道を走るとマップの縮尺が本州と違って目測を誤ります。


その時は、目的地はマストではなく、走る事がマストと考えてフレキシブルな対応をとるように心がけております。


IMGP0368.JPG



なので、今回は

マップを見ながら、日も暮れてきたので早めにこの辺のキャンプ場を物色するようにします。









京極町にある京極キャンプ場。


P9020288.JPG


管理人に聞いたらひとはり500円だって。


速攻決まりました。






おまけに京極温泉やコンビニも近いです。


P9020289.JPG


歩いて3分ぐらいだね。







1日の疲れをいやすように温泉に入ってきました。


安いし露天風呂もあっていいお湯でしたよ。






コンビニでおつまみとお酒を調達して酒盛り開始。


P9020303.JPG


今宵はこんな感じで初めてみました。







副長はなぜか麻婆豆腐が食べたいと思ったらしく、持ってきたキャンプ鍋で即席でつくっておりましたよ。

P9020307.JPG


手際がいい。さすがは主婦だな。。。
















羊蹄山をバックにキャンプを楽しむ。


P9020295_800_edited.jpg


キャンプライダーの特権でしょう。




これで二日目の工程終了です。























そうそう、フェリーの欠航がどうなったか忘れてました。































IMG_2445.PNG


苫小牧発、仙台行き きそは通常運行。



普段の行いが良いのだろうね(笑)





でわでわ



-----------------------------
走行距離:326.1km
平均燃費:26.6km/L
-----------------------------




nice!(22)  コメント(7) 
共通テーマ:バイク

道南ツーリング2017 その1 [touring]


あれから4年。


IMG_0473.JPG


初めての北海道ツーリング。

懐かしいです。

どの写真も見ても楽しい思い出が蘇ってきます。














そして、


今年、再上陸を果たすべく、北海道へ行ってまいりました。


IMGP0272.JPG


地図は4年前のままだけどね。










9/1-9/4の4日間ですが、北海道の道南地方を中心に計画をたてておりました。

前回は初の北海道ツーということもあり、あれこれと詰め込んだ反省をもとに、今回はじっくりと走ってみようと思います。

ワタシと副長の休みのスケジュールをあわせて、家族の調整も行い、後は天気を祈るのみ。


ただ、当日、台風15号が北上するとのアナウンスがあり、暴風雨の中はさけたかったのですが、

進み具合が遅かったようで、出発時点から晴れの好天気となりました。




しかし、出発前に軽くバイクのチェックをすると、FORZAのハンドルロックが解除できないアクシデントが発生。

スマートカードキーシステムを近づけても全く反応せず。

確か、以前にこんなことがあって、確かキーの電池を交換すれば治ったはず。

すぐさま近所の24時間営業のスーパーに出向き電池(CR2032)を購入。

交換したらすぐ解除できました。。

焦ったぜ(+_+)・・・





そんなアクシデントがあって、定刻から15分遅れての6時15分出発


IMGP0245.JPG


しかし台風の影響からか雲が筋状になっております。








今回のルート


1日目:東北道を青森まで自走し、津軽海峡フェリーで函館に向かい、そこで1泊。

2日日:積丹半島を目指して走り、その後適当なキャンプ場で1泊。

3日目:19時の苫小牧発、仙台行きフェリーまでは体力と天候を見計らってフリープラン

4日目:仙台着の山形へ帰還


予定としてはこうなるね。











8時前沢SAに到着


P9010012_800.JPG


平日だし、お盆も過ぎているのでライダーは殆どおりませんでした。






SAでの朝食


P9010005.JPG


まだ暑いとはいえ、真夏の暑さは和らいでおり、早朝はちょっと寒く感じる季節です。

ちゃんと朝ご飯は食べないと体が冷え切ってしまうからね。


因みに、北海道は20度前半の気温予報でしたので、夏用のギアは着用せず、秋口でも羽織る2シーズン用ジャケットとパンツ

をチョイスしておりますよ。








宮城県まではこんな筋っている雲行きでしたが、


IMGP0246.JPG





岩手に入ると、まず雨は大丈夫だろうと思われる青空になりました。

P9010014.JPG


岩手山SA

東北道北限の給油所ですので、タンクが小っちゃい女神様には必ずガソリンを入れておきます。







青森に入ると快晴だよ。

IMGP0263.JPG


日頃の行いの成果だろうな^^。










ひたすら北上し、11時50分

津軽SAへ到着

P9010017.JPG






この天気、もうここが終着点でも良くね!?っと思えるくらい良い天気です。

岩木山はちょっと雲隠れですが。。

P9010019_800.JPG


明日の北海道は曇りのち雨。

もしかしたらこの天気は見納めだろうと思いまして、






記念撮影しております。

P9010023.JPG


副長のスマイルTシャツ。

娘とお揃いだそうです。









お昼頃に青森ICを抜けて、R7をフェリー乗り場まで走らせます。

ここでランチタイム。


今回特にグルメのリサーチはしておりませんので、適当な場所を見つけて済ませます。

P9010031.JPG



たか久というお店。

P9010029.JPG


のぼり旗に蕎麦という文字につられました。





副長は天ぷらザル、ワタシはランチ定食

P9010028.JPG


お安い690円のランチですが、青森産のお米「青天の霹靂」でございましたよ。

初めて食しましたが、東北のお米はどこも美味いです。








お腹もいっぱいになった所で再びフェリー乗り場へ向けて走らせます。

途中、サイン会なども実施しておりまして、辺りは賑やかになってましたよ(笑)




10分もたったところで到着です。

事前にネット予約しており、スマートチェックインでQRコードを機械にかざして乗船手続きは終了。

こりゃメッチャ簡単だね。





先導されるまま、フェリーの前へ

今回乗船するブルーマーメイド号です。


P9010034.JPG


ゆっくり写真でも撮ろうと思ったら、バイクは最初に乗船するようで入ってという合図が。。





我々の他に1台バイクがおり、3台でフェリーに乗り込みます。


IMGP0267.JPG


やっぱりフェリーになるとワクワクするな。








海の向こうには津軽半島が見えるね。

あのツーは3年前か~。こっちも懐かしいぜ。。


P9010039.JPG








午後2時20分に函館に向けて出港。

P9010048_800.JPG


本州よ、さらば!!







そしてはワタクシ夫婦は客室でお休みします。。

P9010054.JPG


途中で入って来たおっちゃん二人組がテレビをつけたまま眠っちまいまして、副長は不甲斐ない行為に呆れ気味でテレビをオフに。

見ないんだったら消そうぜ。もちろん日頃うちの子たちにも言い聞かせております。















仮眠。。zzz













17時に起きてみると、

フェリーから函館山が見えますよ

P9010064.JPG


以前家族旅行でも行きましたよ。








港に18時に到着。

しかしバイクは一番最後に降りるようで、夕方をになった頃にようやく再上陸しました。













けどね、

いい夕焼け空がANIKI夫婦を出迎えてくれましたよ。

P9010066_800.JPG


北海道の夕焼け空はとことん綺麗だぜ。







再上陸の記念に撮影。


P9010072_800.JPG


燃えているような夕焼け空に、我々夫婦はしばし鑑賞しておりました。























さて、今夜のお宿はゲストハウス「函館クロスロード」

IMGP0279.JPG


フェリー乗り場から直ぐの場所にございます。










オーナーさんから軽く説明を受けてから、

お部屋を案内されましたよ。

P9010074.JPG

2Fの部屋で7.5畳ぐらいだったかな。


なかなか良い部屋で我々気に入ってしまいました。







夕食についてオーナーさんに聞いて、居酒屋を紹介してもらったけど、行ってみたら臨時休業。

仕方なく、他のお店を紹介してもらったら、すぐ近くの食堂を教えてもらいました。

P9010084.JPG


「良ちゃん」っというお店です。












とりあえず。

これでしょ。

P9010085.JPG

ビールには目が無い二人でございます。











ここのご主人、釣りが趣味らしく、「お刺身あります?」っと聞いたら

今朝とれたイカ刺身をご提供してもらいました。

P9010087.JPG

これで600円。。

安いよ。。







しかも新鮮で甘い!!

P9010089.JPG


函館のイカは有名だけど

こんなに安くて美味しいとは知らなかった。。






他にも注文

カルビ、ホルモン、ロース、それにご厚意で頂いたゲソまで食べまして

大満足。


P9010094.JPG


副長もこういう食材が大好物なんだよね。











良ちゃん(たぶんご主人の名)

ご馳走様でございました。

P9010098.JPG


こうして1日目の工程は無事終了。





















ちょっとコミュニケーションをとりたくて、

函館クロスロードに帰ってから、パブリックスペースにて他の旅人と談話していました。




そしたら、

台風の影響で、明日のフェリーは欠航するらしいとの情報が。。

一応、明後日自分が乗るフェリーの運協状況を確認すると、




IMG_2444.PNG



あら・・・・まずいかも。。。

最新情報は明日の10時に更新される模様。


でもまぁ、ジタバタしても仕方がないので、とりあえずは明日も北海道を楽しみましょ。


超気になるけど。。

























でわでわ。


-----------------------------

走行距離:411.6km

平均燃費:24.6km/L

-----------------------------

nice!(25)  コメント(8) 
共通テーマ:バイク
前の2件 | -