So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

真夏の鳥海山麓 [photolog]

好評につき真夏のライド第2弾!!ってホントか?

 

 

っといいながら迷った。

 P8070237.JPG

 ドコココ状態ですが「コメ」じゃなくて「ヨネ」って呼ぶそうです。

 

8/7(日)

家の用事を済ませて9時に北方へ向けて出発。

P8070236.JPG

 前回のオイル交換後の試し乗りでちょっと遠回りしちゃって

もうすぐ秋田県付近まで来ちゃってます。

 

 

直ぐに来た道を戻りますが

そんな迷い道でも、綺麗な風景と出会えるってラッキーです。

P8070231.JPG

山形県鮭川村を流れる鮭川っていうみたい。

 

シンプルに時期によっては鮭釣れんのかな?

全く釣り人ではないのでわかりませんが、釣り人は楽しんでいる様子です。

P8070233.JPG

 清らかな流れが暑さを和らげてくれます。

 

 

 

ここまで来たなら、山形と秋田に連なる鳥海山の8合目を目指してルートを決めましょう。

それにしても今日はめっぽう暑い日だ。

小まめに休憩をとりながら進みましょう。

 

 

で小休憩

同じ鮭川村の庭月観音

P8070247.JPG

丁度山門が木陰になってたんでお借りしました。

この時期の空冷エンジンはデリケートなもんで労わってあげなきゃね。

 

この山門ですが、習わしで「おかげ様で」と唱えながら潜るようです。

 P8070248.JPG

題しておかげさま門

ワタクシもちゃんと声に出して潜らせてもらいました。

 

 

 

 

お参りしたわけじゃないから、軽く巡らせてもらい失敬するつもりですが、

手水舎にお賽銭箱があったので、賽銭を入れつつ使用させてもらいました。

P8070243.JPG

 

 

P8070245.JPG

 ちょっと手と清めさせてもらいます。

 

 

 

そして、

本堂?

神社の方はおられませんから眺めるだけ眺めて・・・

P8070241.JPG

 ん!?なんかいるよ。

 

 

 

この時期のニャーは涼しい場所を知っておりますわ。

P8070242.JPG

後ろ足が妙にセクシーよ。

 

 

 

 

 

 

休憩をはさんで、まずは涼むために涼しい場所まで走りました。

P8070253.JPG

 酒田市にあります「玉簾の滝」の駐車場に到着。

涼しい顔をした鳥海山が拝めます。

 

 

ちょっと散策しに行ってみよう。

P8070255.JPG

では 出発!!

 

 

 

 

平坦な山道を進んでいきます。

P8070256.JPG

坂道だったら絶対行ってはないでしょう(笑)。

 

 

 

 

すると直ぐに

玉簾の滝が見えてきましたよ。

P8070263.JPG

 

以前も来たけどやっぱり迫力あるわ。

落差63メートルの滝から大量のマイナスイオンと同時に

ミストの風を吹き付けてくれて、体感的にも涼しいです。

P8070274.JPG

 

 

近くまで行くと、さらに倍増だ

P8070275.JPG

超涼しい~(*´з`)

 

 P8070284.JPG

 

 

身体一杯の涼しさを浴びて

クールダウンした後は

行こうか、

P8070289.JPG

 鳥海山へ!!

 

 

 

 

 

鳥海山八合目ルートをたどると

鳥海高原へ出くわしました。

P8070291.JPG

青い空、真っ直ぐな道、そして鳥海山

これほど贅沢なロケーションはないね。

汗ばむ前に八合目まで一気に走って行きたいけど

このロケーションが目に入ると、やっぱり止まって写真を撮ってしまいますよ。

帰りも通るのでその辺で止めといて

 

 

 

 

 

つづら折りの道を一気に 駆け上っていくと

P8070296.JPG

 

 P8070293.JPG

はい、八合目の滝ノ小屋に到着

クライマーの方々の車で満車状態ですよ。

 

P8070295.JPG

 鳥海ブルーラインから見上げる鳥海山もいいけど

ここからの鳥海山も雄大じゃないですか。

 

 

八合目から見える山々をバックに渾身の一枚!

P8070300.JPG

自撮りするのを忘れてましたズ(笑)。

 

 

 

 

景色を堪能した後

山を下ります。。

P8070302.JPG

カーブ途中のパーキングにはイヌワシ?をカメラで捕獲するために

沢山のカメラマンがスタンバっておりました。

因みにワタシは一度も持た事ありませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来る途中来た鳥海高原

P8070306.JPG

 

 

 

やっぱ自然いっぱいの高原が最高なんで

P8070310.JPG

 元気玉を生成中でござます~

 

 

 

 

鳥海高原のこの道はお気に入りです。

P8070312.JPG

 

 

帰路に入り、平野部からR47を新庄方面へ向かう道中

凄まじい熱気を体中感じながら ライドしてましたが、

なんとこの場所、酒田市は37度を記録しておりましたよ。。。

どうりで飲み物が欲しいわけだ。

 

 

 

 

そんでもって水分補給とお昼休憩

P8070323.JPG

R47号線 最上川の川沿いに構える

白糸の滝ドライブインで休憩

 

 

 

対岸には白糸の滝がございます。

P8070318.JPG

 

 

 

お腹が減ったので

お店の食堂へと参る。

アツくて食欲が無いモノもんにも関わらず、ミニカツ丼とミニラーメンセットを注文

P8070320.JPG

 ん?ミニって言う割には量は多いのではないんでSky?

味はまずまずといったところで完食できました。

 

 

 

 

 

 

お昼の後は

直ぐにソフトタイム

P8070325.JPG

持って15秒で溶けだす、この真夏の日差し^^

 

 

ライダーにとっては過酷な気温となりましたが

ソフトクリームひとつでリセットできるのは本能なのかもしれないね。

P8070326.JPG

 

 

 

16時に帰還し

オイル循環もチェックできましたので、

P8070314.JPG

 いよいよ真夏のツーリング第三弾に向けて準備も揃ってきました。

 という事で暑さに負けず、またツーリングしに行ってきます~

 

 

 

 

でわでわ。。


nice!(15)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

真夏の不忘山麓 [photolog]

8/6(土)

毎日30度を超す暑い日 が続きます。

涼を求めて午前ライド、宮城蔵王の不忘山麓まで走ってきましたよ。

 

 

 

っとその前に、

 P8060109.JPG

山形県上山市楢下(ならげ)にある明治物の石橋、新橋を通ってきました。

 ここは参勤交代で通った宿場町でございますが、今は民家も多くワタクシが橋に止めた時に

「何の音だ~。。。あぁバイクが~」

って家の中から聞こえてきたほど静寂な所なので、バイクで訪れる際は秩序ある行動をとりませう。

 

 

 

明治13年に完成された当時としてはハイカラでナウくてトレンディな今どきのアーチ型

P8060113.JPG

例えが古いのは否めないけど、当時の人は怖くて渡れなかったって話を聞いてた事があります。

 

金山川にかかる石橋

P8060111.JPG

 

P8060112.JPG

 全長14.7メートル 幅4.4メートル

出来た当初は地元の人たちの負担金を補うために通行料を徴収していたようです。

 

 

手摺りが低くてちっと怖いけど

やっぱり明治物は惹かれます。

P8060121.JPG

 

さて出発。

 

 

 

 

 

 

楢下宿からR133へと抜ける柏木峠

最近は七ヶ宿経て宮城へ抜ける時はこの道を好んで通ります。

 P8060122.JPG

風景も良いし、交通量も比較的少なく快適に走れます。

 

 

 

 

 

 

R113から七ヶ宿方面へ向かい

そこから不忘山麓にある長老湖方面へ向かいます。

P8060127.JPG

 やまびこ吊り橋の駐車場へ到着

 標高も高い場所ですが、30度を超す気温ですから空冷エンジンには優しい木陰に停車。

けど、歳を重ねると寒さも厳しいですが、暑さにも厳しい年頃になってしまったわね(笑)。

 

 

 

東北一の大きさをもつ「やまびこ吊り橋」

P8060134.JPG

何年前だっけかな?マスツー皆でやってきたの。

楽しい思い出が浮かんできますよ。

 

 

 

暑い時は肝を冷やすのが一番さ。

  P8060143.JPG

 シースルーの吊り橋はスリル満点だ。

 

 

 

 

丁度吊り橋の中間地点からは、不忘山をバックに涼しい風景が見渡せます。

P8060137.JPG

 

P8060138.JPG

 

P8060140.JPG

涼だね、涼。

見て涼しくなるって、子供の頃は思いもしなかったけど、こうやって眺めてみる涼しくなるもんだね。

 

 

 

この吊り橋から長老湖へ抜ける道があるんですが、

一丁行ってみますか。

P8060151.JPG

 結構な坂道だね。。。

 

 

 

 

 

 

 

10分後・・・

 P8060154.JPG

この坂道を400m!!

無理無理。

撤収撤収。

 

 

 

[いいわけ]

本来の目的は見て涼しくなる事なんで、山登りに来た訳じゃないんだもの。

この季節にライダーの格好で険しい山道を登るなんて無謀だわ。脱水したらどうするの?

これは挫折では無くてよ!・・そう、英断よ英断!!

[いいわけ おわり]

 

 

 

 

そんな事考えながら、道の途中に小川が流れているのを見つけました。

P8060163.JPG

こういう清らかな涼しさを求めに来たんだよ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吊り橋に戻って記念撮影開始

 P8060147.JPG

体力を温存しておいて良かったわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてバイクで移動して

去年できた不忘平和記念公園へ目指していきます。

細かい場所はわからないのだが、例の如く適当に走っていると、

着いちゃった。

 P8060173.JPG

 

太平洋戦争中の1945年3月10日

アメリカ軍のB29爆撃機3機が不忘山に墜落し、乗組員34人の慰霊ともに平和を祈念とする公園が整備されました。

 

P8060174.JPG

 

P8060175.JPG

 

P8060176.JPG

 

P8060178.JPG

 

P8060177.JPG

 

P8060180.JPG

 

以前は別の場所にあったすごく小さな公園 に古い碑が残ってましたが、閑散としてまして

こうやって新しくした事を期に、平和を継承していきたいものですね。

 

 

 

34名の乗組員全員の名前が刻み込まれたプレートの脇に

サクラを植樹しておりましたよ。

P8060182.JPG

まだ若い20代のクルーたちだったんですね。

 

戦争時の事故ってどちらの国でも埋もれてしまいがちでしょうから、

こうやって平和に繋がる場所として存続していくのであれば、きっと御霊たちも喜んでいることでしょう。

P8060205.JPG 

 どうぞ安らかなお眠りを申し上げます。

 

 

 

丁度社用車で来られた営業マンのおじさんと平和について話込んでしまいました。

P8060187.JPG

おじさんもこの事故に関しては熟知しておりましたので、結構有意義な時間を共有できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この平和記念公園にはこんな景観が楽しめます。

P8060170.JPG

 先ほど訪れるのを挫折 英断した長老湖が見えます。

 

 

上から拝める長老湖は格別 なんか負け惜しみっぽいぞ

P8060171.JPG

 

 P8060189.JPG

 不忘山麓の美しい景観も堪能できる不忘平和記念公園

今度は家族で着てみようと思います。

 

 

 

 

 さてさて、

ワタクシお買い物をすべく

宮城県名取市の2りんかんへと出向きました。

 

 P8060217.JPG


 

購入したのはスポスタのエンジンオイル3本

P8060218.JPG

持って帰って、オイル交換作業といたします。

 

 

自宅に帰って早速交換

P8060219.JPG

 

ハーレー純正オイルは値段が高いので自分で交換する際はRevtechをチョイスします。

P8060221.JPG

 純正と比べて3分の1ぐらいコストですし、今まで全く支障も無く快適に走ってくれます。

 

これで真夏のツーリングの下準備が整いました。

 

でわでわ

 

 

 

 


nice!(19)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
前の2件 | -