So-net無料ブログ作成
検索選択

二本松のゼロ戦から新地までラーツー [touring]

10月下旬

女神のバッテリーが逝ってしまいました。

車のバッテリーからジャンプスタートして

そのままディーラーへ

メカニックに5年使用しましたと伝えたら

もう十分だと思いますよ~っと言われちゃったので

純正バッテリーを購入 hd純正じゃないと振動で直ぐ壊れるのです

他にもチェックしてもらったら、

 

ANIKIさん

レギュレーターが上手く動いていなくて

バッテリーが充電できなくなってます。。

 

なぬ!?

では交換になるのかい?

 

ANIKIさん

そうなんです。

しかも一部の部品がJapanになく

USAからお取り寄せ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

っというわけで

11/12(土)

部品が届いて交換作業

以前部品と取り寄せた時は1月待った記憶があるけど

今回は2週間ぐらいで到着でした。

DSC_5595.JPG

NEW  バッテリー[ぴかぴか(新しい)]

 

 

DSC_5591.JPG

 NEW レギュレーター[ぴかぴか(新しい)]

 

 

 

綺麗に治ったという事で

翌日の11/13(日)

福島までテストライドを兼ねてのツー開始です。

PB130158.JPG

今回は東北道をバビューンと南下して

福島西ICで降ります。

 

 

 

一般道R4をさらに南下して

福島市の松川駅前に到着

PB130159.JPG

ここでトイレ休憩とコーヒータイム

 

この辺は初めて来ましたけど

結構な住宅街です。

PB130165.JPG

駅もシンプルで好みです。

 

 

歩道橋の上からお山を望めば

もう白いのが見えちゃってますよ。

PB130170.JPG

最近SNSの記事で

この付近に実物大のゼロ戦の模型が作られていると聞いて

今年最後?の県境越えも兼ねて やってきました。

 

 

 

では出発します。

停まって地図をみながら走る事、15分後

福島市と二本松市の市境あたりに着きました。

PB130179.JPG

ありましたよ。

 

 

昭和を感じる嗜好物(笑)

 PB130180.JPG

 

 

 

では無くて

反対のこっちだ!!

 PB130184.JPG

おぉ。

PB130182.JPG

 

PB130183.JPG

飛行機4機 の内

ゼロ戦が3機

 

 

 

 

すげーリアルだね。

本物見た事無いけど(笑)

PB130189.JPG

 

羽も良く出来ている

PB130191.JPG

 

 

プロペラも回らるんじゃないのかと思うくらい完成度が高い

PB130193.JPG

 

 いやはや、タイムスリップ感たっぷりです。

PB130206.JPG

聞いた所の話ですが

劇映画で使用されるセットのようです。

 

 

 

 

写真も撮った事ですし、

夕刻前に家に着くスケジュールなので去ろうかと思ったら。

 

 

あれ~ANIKIさんしゃ~ん!?

PB130217.JPG

ん!?

この独特な言葉使いに
見た事があるカブ・・・

地元の若者ライダーのもう中君とお友達のAPE君でした。

 

 

 

聞けば近所のようですが、見知らぬ土地でバッタリ会うなんて

すごいカクリツ。

PB130214.JPG

 彼らも目当てはゼロ戦

 

 

 

お~よくできているよ!!

見入っておりますよ。

 PB130219.JPG

 若いっていいね。

至ってテンション高いし、

ボケと突っ込みが早いしね。

 

 

 

そんでもって

もう中君、オオボケ噛ましてくれてくれました。

PB130223.JPG

 これは突っ込まないとな。

 

 

 

 

 

 

せっかく出会いましたので

3人で記念撮影

PB130231_800.JPG

ワタクシのわがままに付き合って頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

さてお二人に別れを告げて

ゼロ戦を後にしました。

再びR4を今度は北上して、お昼近くになったので

どうしたものかと考えてましたが、

日が暮れるまで時間もあるし

新地町に向かって、海を見に行きます。

 

 PB130234.JPG

伊達市に入って

道の両脇に花が咲いておりましたよ。

PB130237.JPG

近くで見たら

ハニービーが沢山作業をされておりましたわ。

 

 

 

 

 

福島県内に行くのに
実は近道というの宮城県丸森町を通って約1時間
新地町に到着

 PB130238.JPG

 さて、コンビニで水とカップラーメンを購入してラーツーと洒落こみましょう。

 

 

 

 

海沿いを行くのに

通行止めの個所が沢山あって

相馬港の付近を大きいクランクのように

右に左に走って無事到着

PB130253.JPG

 青いね。

 

PB130245.JPG

 

 PB130244.JPG

 

腹も減ってましたので

手際よくお湯を沸かしていきましょう。

PB130241.JPG

 

お湯が沸くまでしばし海を観賞

PB130243.JPG

 いつも停めている場所が工事していたので

道沿いで頂く事にしました。

 

 

お湯が沸いて投入

PB130256.JPG

 

 

また しばし3分間 海を観賞

PB130263.JPG

 

 

 

よし、3分たったな。

PB130275.JPG

 

っでわ、

 

 

 

 

 

自然を満喫しながら

頂きましょう。

PB130273_800.JPG

自然の中で食べるカップヌードルだから

ワタクシ、ハングリアン民族です。

 

CM依頼が来たらどうしましょう(笑)

 

 

 

 

 

 

 

海を見ながら食べるカップラは

いつもの100倍くらい美味しく感じるものです。

PB130277.JPG

 車通りも少ないので波の音をBGMに食事出来ましたよ。

 

 

 

 

もちろん

ゴミは持ち帰る事

PB130282.JPG

 そういえば引っ越ししてから

ビーチク参加してなかったな。。。

いづれまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 海から移動して

新地町役場 へ向かいましょう

 

 

フラッグとバイクとANIKIのショットを決め込もうと思ったら

PB130305.JPG

風が無く今日は穏やかな日でした。

 

 

しかも、地元のイベントが開催されてましたよ、

PB130302.JPG

 スゴイ賑わっておりますね。

 

 

 

自撮りは諦めて

以前に岩沼ベースのご主人から、フラッグステッカーを頂きました。

そのまま訪れる機会があるかもと、バックの中に入れておりました。

そして今回、ステッカーをこの板に貼って、来ましたよの印と致します。

 PB130301.JPG

 

真ん中付近が捕られているので

まるでオセロのように角を狙ってしまいました。

PB130303_800.JPG

 よし。

ミッションコンプリート。

 

 

 

 

 

 

 

 帰路を目指してR6を北上していくと

津波で壊滅しました常磐線の坂元駅が装いも新たにリニューアルしておりました。

PB130307.JPG

元の駅から1000mぐらい内陸側に移動しており

今年2016年12月10日に再開する予定です。

 

 

 

 

以前とは違い、高架構造の駅に変わり

利便性に加え、安心感も備わる作りとなっております。
PB130306.JPG

新地駅、坂本駅、山下駅の不通区間の再開は
地元の方々も待ち焦がれた事でしょう。

 

 

 

 

その後、常磐自動車道の山元ICから高速に乗って
16時の明るい時間帯に帰宅。

フラッグと一緒にショットはできなかったけど
帰ってカメラを確認したら
新地町の海をバックに恐ろしいほどのベストショットが撮られてましたよ。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

波しぶきが最高。
セルフタイマー押すセンスってあるのだろうか(笑)
PB130294_800.JPG

 

でわでわ。

 

 


走行距離:333.8km
平均燃費;24.9km/l 久しぶりに測ったぜ!


 

 

 


nice!(17)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

紅葉ツー 姥湯温泉から峠駅 [touring]

10/23

 

こんにちは

ピンクナンバーでGO!の時間がやってきました。

PA230713.JPG

KLX125にライドし紅葉を求めて

山形県と福島県の境にある栗子エリアに向けて出発です。

出発したのが9時頃だから、このR13沿いにある栗子手前のPAに到着したのが10時半ぐらい

 

 

手前には注意喚起の文字が・・・

どんぐりを食べる時期と聞いてます。

PA230714.JPG

自分の存在をアピールして山道を走りましょう。

大声で歌うなんかもいいかもです。森のくまさん以外ね。

 

 

 

 

今回、県境付近にあって、秘湯とされる「姥湯温泉」に向かいます。

以前から存在は知ってたけど、すっげー酷道のようで

ワタクシがバイク初心者時代の頃のバイク雑誌ではスイッチバックをして登らなきゃ

バイクでもキツイ道だとの記事を呼んだ事もあり

遠慮しておりました。

 

しかし、それは過去の話で今は道も整備されて

行きやすくなったようですし、オフロードバイクという機能性を生かしつつ

軽いバイクを使用して向かいたいと思います。

 

 

 

 

でも、もうすぐお昼なので

姥湯温泉の入り口をスルーして福島市へ

PA230728.JPG

 いつものナゴラータイム

 

 

 

11時の開店時間頃来店して

ワタクシから待ち行列となりました。

やっぱり繁盛しておるね~

PA230725.JPG

待つこと十分で席に到着。

 

 

何時もはチャーシューメンをオーダーするが

半熟煮たまごも乗っけた全部ライドにしました。

PA230723.JPG

最近はバイク以外の家族ドライブで訪れてますから

ソロで くるのは久しぶり。

 

 

 

 

 

 

 

 

半熟煮たまご入りチャーシューメン

щ(゚Д゚щ)カモーン。

PA230726_800.JPG

お久しぶりです。

頂きます。

 

 

 

 

 

身も心も満足した後は

山形方面へ戻り、姥湯温泉へ向かいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

けど、福島であんなに青空だったのに

この辺だけ

 PA230730.JPG

雨だって(笑)。

 

 

しかも降水確率0パーセントでしたので

カッパなんざもって来ないから

そのまま続行しますよ。

 

 

 

細道を進むと

以前訪れた峠駅との追分

IMG_2043.JPG

左へ8kmの方へ

進みます。

 

 

山道を進んでいくと、数十匹のサルの群れが現れる。

どうも、人間に手慣れているようで、車が着ても全く 逃げようともしないのだが、

ワタクシの様にミラーシールドで全く目が確認できない物体には一目散に散らばって

行きましたよ。

 XTCH0015-001.jpg

 ンキー!って叫んで近づいたけど

通じなかったみたい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道すがら

スイッチバックの道は無いと聞いてたけど

しっかり標識があるね。

IMG_2042.JPG

 

  IMG_2040.JPG

 この付近には最大傾斜22度の坂道があったけど

壁の様にしか見えなかったぜ。。

 

 

 

 

 

 

その後、ずぶ濡れ状態でようやく 駐車場に到着

PA230732.JPG

普通車やリッタークラスのバイクでくるとは相当の猛者だな。

 

 

 

さて、ここから歩いてすぐの姥湯温泉へ行ってみましょうか。

 っといきなり吊り橋です。

PA230738.JPG

 二輪車がオフってのが泣ける。

 

 

 吊り橋も凄いけどここの紅葉がとんでもなく凄いです。

PA230739.JPG

 

PA230734.JPG

 

PA230737.JPG

 

 PA230741_800.JPG

 

 

 

PA230800.JPG

 

 

PA230752.JPG

 

 

PA230759_800.JPG

 

 

 

PA230768_800.JPG

雨でずぶ濡れの男一人がウヒョー!!って叫んでおります。

 

 

入浴料600円を支払いいざ標高1300メートルの温泉へ。

PA230746.JPG

 雨でズブズブ状態なので

若干震えが止まりません。

 

 

PA230751.JPG

少し進むと看板が見えてきました。

女性専用と混浴とがあるようです。

 

PA230753.JPG

これ以上写真撮影は

NGのようで

温泉は以下の写真のように素晴らしかったですよ。

 Ubayu2004.jpg

wikipediaより拝借

 

 

硫黄のような白く濁った温泉なので

岩の段差が見えないからオロオロして浸かりましたが

やっぱ秘湯ってする温泉ですわ。。

かなり癒される温泉でした。

 

 

 

 

しかも紅葉も素敵でしたが露出した岩肌が目の前に立ちはだかって

これも自然の強さを物語っている風景です。

PA230770_800.JPG

ワタクシが 今まで入った温泉の中では1位、2位を争うぐらいだな。

 

 

 

 

身体も温まった所で帰り支度

駐車場に戻ると、隣に止めていた

茨城ナンバーのライダーとしばし談笑。

 PA230808.JPG

NC750Xのライダーさんは

ここまで来るのにホント恐怖だったとの感想 でした。

やはりここへ来るのであれば軽いバイクが一番だと感じられ

終始ピンクナンバーのKLX125を絶賛されておりましたよ。

まぁ、正直ここにスポスタでは来たくはねーな。

 

最後はクロスカブを買おうかなっと申されておりました( *´艸`)。。

 

 

 

 

 雨も上がり

再出発。

 

PA230812_800.JPG

 

紅葉を楽しんだので

今度は久しぶりに峠駅に行って

雰囲気に酔いしれてみましょう。

 

 

 

 

 

その前に

雨が止んだ橋の上で

ひと紅葉見。

PA230815.JPG

 なんとも鮮やか

 

 ずぶ濡れだったけど、これ見れただけで

It's Allright.

PA230814_800.JPG

 

 

 PA230833.JPG

 

 

 

PA230817_800.JPG

なんだか

歳をとる毎に

紅葉の艶やかさを感じられるようになったね。

 

 

 

さて、

峠駅到着。

 

XTCH0020-001.jpg

 

 

 

 やっぱり雰囲気あるね。

PA230839.JPG

 

 

PA230860.JPG

 

 

ワタシの中では通称自撮り駅となっております。

PA230844.JPG

駅前でも

 

PA230863.JPG

 ホームでも

その気にさせてくれるのが峠駅の魅力だね。

 ※ホームに訪れる際、線路を渡る時は十分に気をつけてね。

 

 

 

 

 

 

けど、単純に愛機のショットだけでも様になるぐらい

峠駅の雰囲気に染まってしまいます。

PA230835_800.JPG

バイクで来たのはあの時いらいだね。

 

 

スイッチバックの運用のため、スノーシェルターが設けられ

それが独特の雰囲気を放っております。

 PA230871.JPG

 哀愁漂う線路

このままずっと保存していてもらいだいね。

 

 

PA230879_800.JPG

 帰路はK232米沢街道(半分林道っぽい)を通り

明るい内の16時頃帰宅

 

 

 でわでわ


走行距離:187.9km
平均燃費:42.3km/l


 

 

 

 


nice!(25)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

紅葉ツー 磐梯吾妻スカイラインから西吾妻スカイバレー [touring]

10/15(土)

福島方面へ紅葉を見にツーリングです。

最近は子供の部活の送迎なぞもあり、早朝出発はできてませんが

それでもライド出来るってのがアリガタイものです。。

 PA150514.JPG

 

8時30分頃出発したので

磐梯吾妻スカイラインに到着したのは10時頃

 

標高1000m以上にある天狗の庭に到着

 PA150502.JPG

 そして、

 

 

 

見事な紅葉です。

PA150496.JPG

 うん、良し。

 

 

 

 

 

だたし、

PA150500.JPG

大渋滞(笑)。

 

 

 

 

有毒ガス発生のため駐停車禁止エリアは交通規制があり

ようやく渋滞が解消されたかと思いましたが、

XTCH0007-002.jpg

 

 

浄土平付近のS字カーブあたりでも

更に渋滞です。

XTCH0007-004.jpg

吾妻小富士沿いに渋滞の列が・・・

 

 

 

 

こりゃ浄土平も凄い人だろうから、今回はスルーして

そのまま会津方面へと降りて行きました。

 

 

 

 

この渋滞で約1時間のロス。。

あらかじめ予定していた喜多方~飯豊に抜ける舗装林道ルートだと日が暮れてしまうので

ルートもお昼も変更。

現在12時を過ぎた頃ですので猪苗代町にある まるいち食堂でランチタイムと致します。

PA150525.JPG

お初のお店です。

 

 

普段はラーメンか蕎麦を嗜むのですが、

なんか今日は朝から胃腸の調子がスコブル調子が良く

会津名物のソースカツ丼を注文

PA150519.JPG

今回はパスしましたが、ラーメンも美味しいとの事です。

 

 

 

 

 

数分後。

PA150520.JPG

ご到着。

 

 

 

 

 

 

では。

Open The ど~ん

 PA150521.JPG

かなりのボリュームや。

カツがピカピカ輝いております。

 

 

 

 

 

味付けの濃いソースが

柔らかくてあっさりしているロースにバッチリ合っております。

PA150523.JPG

口の中でとろけるような味わい。こりゃ、美味い。

脂身も少ないから歳を重ねても普通に食べられそうだね。

中にキャベツも 敷いており、バランスよいランチとなりました。

 

 

 

 

 

 

 さてここまで来たからには

猪苗代湖を拝まねば。

PA150528_800.JPG

カメキチ だっけ??。

いつになったらワタクシ覚えるのだろう(笑)

 

 

 

そうえいば

今年初の猪苗代湖だ。

PA150532.JPG

 

 

天気が良く

ブルースカイにブルーレイクの単一コントラスト

PA150543_800.JPG

まさに絶景だね。

 

そして今年初

インナーにダウンを着用

PA150546.JPG

グローブも冬用をチョイスしております。

 

 

 

日中は暖かいけど

朝晩の冷え込みが強くなってくる季節なので

ギア選びに頭を悩ませてしまう時期ですね。

PA150539.JPG

気温 一桁台かと思えば

お昼は20度越えになりますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

場所を変えて今度は

磐梯山が良く見える

一直線道路へ

PA150552.JPG

 稲穂も金色を放つ時期

 

そして

磐梯山も焼けてきましたよ。

PA150564_800.JPG

 おー染まってきてるね。

ベストな時期に訪れた事に感謝です。

 

 

 

 

農家の方が稲刈り作業している脇で

素早く自撮っておきます。

PA150554_800.JPG

 ありがとう磐梯山。

 

 

 

 

 

 

午前中は

渋滞で紅葉を楽しむ時間も少なかったもんで

午後はリターンマッチ。

桧原湖を通って米沢市に抜ける西吾妻スカイバレーを目指して

紅葉を楽しむこととします。

PA150570.JPG

 桧原湖到着

 

 

 

ススキも 揺れる 秋の空

PA150571_800.JPG

ワカサギ釣りで有名な湖です。

 

 

 

 

 

明治時代に磐梯山の噴火で出来た桧原湖

この下にその当時の村が沈んでいるとは思えないほど穏やかな景色です。

PA150579.JPG

 逆光だけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて桧原湖過ぎればあとは

西吾妻スカイバレー突入です。

 XTCH0012.jpg

またまた標高は1000m以上になってきました。

 

 

 

ビューポイント到着

PA150590.JPG

ちらほら色づき始めているね。

 

 

PA150585.JPG

 

PA150587.JPG

 

 

 

 

東鉢山七曲り

PA150591_800.JPG

うひょー!って連続のヘアピンカーブの美しさ

そして右上には先ほど堪能した桧原湖。

ここでしか味わえないビュー でございます

 

 

 

 

 

せっかくなんで

隣にいたセロー君と一緒にショット

PA150607_800.JPG

セロー君、トップボックスにはデジイチを潜ませて

ガンガンショットしておりましたよ。

 

ワタクシもデジイチもってツーリングしてみたいけど

この年式のスポーツスターでは振動が多すぎて

デジイチを運ぶのはANIKIの技量では無理だな。。

 

 

 

 

 

峠を越えて

米沢側のニューポイントへ移動

PA150629.JPG

やっぱバイクが多いね

隣にいたGBくんが前を向いて停車しているので

同じ方向で停めるアルアル(笑)

 

 

 

 

 

 

そしたら

おっとご一考様が来られましたよ

PA150632.JPG

 Lツインいい音するな~

 

 

 

 

 

そんでもって

やはり同じ方向で停めるアルアル~

PA150636.JPG

 律儀なライダーならではの光景だね^^

 

 

 

 

スカイバレーをチョイスしてほんと良かったね。

紅葉は見ごろを迎えております。

PA150640_800.JPG

 遠くの山も見渡せる景色は圧巻です。

 

 

やはりこの季節は

どこも標高1000mで渋滞になる時期なんだね。

PA150638.JPG

時間帯が良かったせいか、ここでは意外と渋滞も少なく、快適に走れました。

 

 

 

 

 

 

 

さて、

ラストは米沢方面へ降りて

小野川温泉近くにある

ウフウフファームへ

PA150693.JPG

ここの卵を使ったプリンが最高に美味い。

以前家族にお土産で買った言ったら

満場一致で美味しい!!を頂きました。

 

 

 

子供たちや嫁はテンション上がるわな。

PA150692.JPG

その狙い通り

今回もウマウマ連発で食しておりましたよ^^

 

 

 

 

本日初で締めのソフトクリームも頂く。

PA150647.JPG

ふくよかな味わいで

ほんのりクラシックなテイストで美味しく頂きました。

 

 

 

 

そんな中。

PA150652.JPG

ライムグリーンの方が。。。Kawasaki製か?

 

 

 

そんでもって、女神へ向かってますよ。

PA150654.JPG

 

 

 

秋だね~

PA150690_800.JPG

 午後5時には帰宅。

今年初の紅葉ツーは見事に達成できました^^

 

 

でわでわ。。

 

 

 


走行距離:297.9km

 


 

 


nice!(23)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

真夏の能登半島(後篇) [touring]

 


前篇はここ

 




∑・m= チュンチュン ∑・m= チュンチュン


日が沈むと暑さも和らぐかと思ったけど

 

寝苦しかったわ(T_T)

 

P8130164.JPG

夜明け前の5時に起床

さて、顔洗って朝飯食って、

 

 

身支度整えたら

P8130166.JPG

能登半島の先端めがけてGOだ!

 

 

天気も良く

またうだる暑さが始まるのだな。

 P8130168.JPG

覚悟しているけどね~

 

 

 

前日に走った「のと里山街道」をされに北上

P8130176.JPG

 早朝なもんで、貸切状態ハイウェイです。

 

 

途中の別所岳SAで休憩

P8130169.JPG

 こちらも車はまばらです。

 

 能登半島の先端に行くにはこの道が近道なんだね。

P8130171.JPG

 さらに北上しちゃいます。

 

 

貸切状態のハイウェイは能登空港ICで終了し、K1から 輪島市へ向けて走ります。

P8130178.JPG

 

 

おっ、海に出て来たぞ。

そのままR249を右に曲がって沿岸部をクルージング。

 P8130192.JPG

輪島市内に入って本場の輪島塗もみたかったけど、

 まずは絶景が見たいモノで、こんかいはパスします。

 

 

 

午前8時ごろ、白米千枚田に到着

P8130196.JPG

道沿いに、何時から渋滞の恐れあり!の看板があったから

 やっぱり皆さん

これが見たいんですね。

 

 

 

 

 

 

 

絶景が。

P8130197_800.JPG

 なんじゃこりゃ~と思っちゃうほど

芸術的な棚田です。

 

 

 

 

 

 以前、YAMAHAのHPである車種の壁紙で撮影されてた千枚田。

 それ以来、行ってみたい病が募ってしまい、

今回、ようやくお目にかかれて感動です。

 P8130224.JPG

 

P8130225.JPG

 

P8130227.JPG

 

こりゃ機械は入って来れないから手作業なんだろうね。

 

P8130223.JPG

副長もご満悦のようだ。

 

 

海と棚田のコントラストはココでしか見れない絶景。

P8130195.JPG

まずは、今回の旅の目標の一つをクリアだ。

 

 

 

 

能登半島先端の旅はまだ続く。。。

 P8130232.JPG

 けどね。。

 

 

 

 

ちきしょー暑い !!

また休憩じゃ!

P8130256.JPG

こりゃーもう30度越えしてるな 。

 

P8130238.JPG

 潮の駅という所で休憩

 

 

テレビでは見た事あるけど、塩田という昔からの手法で塩を採取する地域なのだそうで

至る所に塩田が見られます。

これは地元エリアじゃ見られない光景だね。

P8130239.JPG

 

P8130242.JPG

 

P8130243.JPG

 

暑い中お仕事ご苦労様です。

P8130244.JPG

 

 

冷房の効いたお店の中で一服

目の前に広がる日本海は輪島ブルーに染まっているぜ。

P8130246_800.JPG

この青さ お見事!!

 

 

そして手には名物の塩ソフトクリームがあったりする(笑)

P8130250.JPG

 ここは後乗せの数種類の塩のようだよ。

 けどソフト自体もメチャうま。

ワタクシの3本指に入るくらいの味でしたよ。

 

食べ方は以下を参照。

P8130249.JPG

1~4までちゃんとやってみた。

ちょっぴり辛いなんば塩が暑さでバテバテのライダーにはグッド来る味だわ。

 

 

 

 

糖分と塩分とピリ辛を摂取して

さぁ~さいせんたーん!!

 P8130260.JPG

 

 

おや?

ゴジラ岩ですと!!

P8130263.JPG

秋田にあるのは知っているけど、能登半島にもあるのか。

 

 

 っでどいつがゴジラじゃ?

 

ん。。

 

あれか?

P8130267.JPG

確かに顔はゴジラ顔だが、

全体のシルエットは

どちらかといえば

ミニラか?

どちらにしても、カワ(・∀・)イイ!!

 

 

 

 

寄り道しながら

ようやく最先端の

狼煙へ到着しましたよ。

P8130274.JPG

とりあえず。

P8130275.JPG

ひと休み(笑)

 

 

水分補給した後は禄剛埼灯台目指しましょう!

距離にして300mぐらいかな

でもかなり急な坂です。

途中でばてちゃってしまったワタクシを横目に

 

副長に男前スイッチが入ったようで邁進しております。

 P8130278.JPG

この暑さ

さっき採った水分が全部発汗しそうな状態

 P8130279.JPG

ようやく平な場所にでくわしました。

 

 

 

お~ここが能登半島の

最先端か~

P8130303_800.JPG

きたよ。きたきた~

禄剛埼灯台まで~

 

 

佐渡の時もあったけど、

旅情心をくすぐる看板も有り!!

P8130282_800.JPG

 ここまで来たのだよ。

 

そして、お約束のウラジオストクまでの距離(笑)

P8130283.JPG

 

 

最先端の海は格別っすね。

P8130284.JPG

 

最先端の記念に撮影

P8130289.JPG

 逆光だけどね。。

 

 

そして禄剛埼灯台に向かって

P8130300.JPG

 敬礼!!

 

 

 

これで最大の目的地の最先端をクリアできました。

 

 

 

 

 

狼煙を出て

そのまま南下しながら適当に昼しようと考えてたら、

直ぐ近くにパワースポットと呼ばれる

「珠洲岬」というのがあって寄り道してみた。

P8130334.JPG

おや。

最先端より絶景っぽいし

なにより観光客が多い。

P8130316.JPG

海流が混ざり合って気を沢山発するそうです。

 

さすがはパワースポット

 神秘的なオブジェも備えております。

 

 

 

観光スポットになってますので

なにやら有料なところもあるようです。

P8130320.JPG

こういうところは有料なのでパスします。

かわりに売店を眺めてきましたよ。

 

 

 

 

 

すると目と目があって

親しく話かけてえてくれた

現地スタッフの白いAさん

P8130319.JPG

話の流れでダンスをしてきまして

仕舞には親子ずれのお子様も踊り出してしまう始末。

 キレキレのダンスされてましたよ。

 

 

 

 

 

売店をでて

散策してたら

こんな絶景がみられます。

 P8130321_800.JPG

 お~、ナイスビュ~

下はお宿になっていて、その前の海の色は最高ですね。

 ちなみに下りるのも有料のようだ。

 

 

 

 

けど、下りなくても

面白いのもあったよ。

P8130323.JPG

 外観が鏡で覆われている建物

ドアを開けると展望できるようになっているのだが、

 

 

 

 

 

 

 

床がつり下げになっていて

吊り橋のようなスリルを味合う事ができますぜ。

P8130324.JPG

 

 

 ここからも聖域の岬と呼ばれるパワースポットが拝めますよ。

P8130327.JPG

 ありがたい景色を堪能しました。

 

 

 

 

 

 

K28 からR249を南下していきます。

そうそう

ここで見ておきたかったのあるんだよ。

 

 

 

ほいついた。

P8130338.JPG

 見附島です。

軍艦島の異名をもつのだが、やっぱり軍艦っぽいね。

うん、かっこいい。

 

 

 

 

近くに縁結びのモニュメントがあったよ。

P8130359.JPG

 ご利益があるものに対しては

素直に儀式を済ませるのがANIKI流(笑)

 

 

 

 近くで見ると迫力あるわ。

P8130346.JPG

時間の関係で 向こうまでは渡らないよ。

 

 

 

 

 

では、

我々の儀式で締めましょう。

 P8130353.JPG

初の軍艦島見物でしたので

感動もひとしおです。

 

 

 

 

 

今度は能登島に向けて出発です。

P8130392.JPG

 お昼を過ぎてしまって

道の駅まで走ります。

 

 

ツインブリッジのとを渡って

ウロウロしながらようやく到着

P8130399.JPG

 こちらもバイクが多いです。

 

 

これだね。これ。

普段お目にかからない地域のナンバープレートを拝見すると

遠くに来たなったなって実感します。

P8130405.JPG

 副長曰く「金沢ナンバー」って字が品が良く見えるとおっしゃってますよ。

 

 

 

やっぱり能登半島だから

海鮮丼が食べたいという思惑だったが

既に完売

 

なので

その上位クラスのを頼んだよ(笑)

P8130402.JPG

大漁屋丼

たまにはご馳走です~

 

 

 

食べ終わって午後3時

このまま富山まで走ってキャンプしようかと考えておりましたが

あまりの暑さにバテ気味でしたので

ここから一番近いキャンプ場を探していると

あら!

昨日泊まったキャンプ場が一番近いのね(笑)。

結構良かった場所だったので

また千里浜目指して出発です。

 

 

 

能登島に別れを告げて

能登島大橋を渡ります。

P8130411.JPG

 いい感じの橋だね。

景観が良いです。

 P8130407.JPG

 

 

 

 

さて昨日と同じキャンプ場に到着

 P8130422.JPG

 

受付に行ったら

おねーさんが

あれどっかで見た事ある方だと言ってましたので

昨日泊まりましたと告げました。連泊だけど同じ料金です。

 

 

 

 

夕刻の千里浜

P8130430.JPG

 

店も終わって

さざ波の音だけが聞こえます。

 P8130437.JPG

 

 

キャンプ場からも

昨日ほど良く見えなかったけど

いい夕焼け空でした。

 P8130423.JPG

 

お風呂も入って

さて夕食

P8130446.JPG

 昨日と同じスーパーですが、 野菜を中心にそろえました。

 

しかし、たまには外で焼き鳥も良いと思ったので

P8130451.JPG

ネイチャーストーブに百均で買った網の上で焼いております。

 

 

フッと気付けば

勢い余って大火事[どんっ(衝撃)]

P8130457.JPG

でも美味しいです。

 

 

あっという間に夜は更け

早めの就寝についきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この記事二度目の

∑・m= チュンチュン ∑・m= チュンチュン

 P8140489.JPG

今日もいい天気

 

 

 

 

誰もいない

千里浜なぎさドライブウェイも雰囲気があります。

P8140485.JPG

 

 リオオリンピックの砂のオブジェ

キャラクターは知らないけどよくできてますね。

 P8140493.JPG

 

きょうは帰還の日

早めに撤収して

このリオオリンピック前にて

P8140501_800.JPG

 記念写真をいたします。

 

 

 

 のと里山海道を南下します。

P8140515.JPG

時間があったら寄ってみたいという副長のリクエストに応えて

 

 

ほんの寄り道

はい到着

 P8140526.JPG

 

こちらは主都金沢市にある

金沢駅です。

P8140524.JPG

何やらこの駅、世界で最も美しい駅に任命されてるようなんです。

 

 

確かに

こりゃすごい

P8140535.JPG

もてなしドームというらしい

ガラスの数が3019枚!!

 

 

他にも

P8140542.JPG

鼓門という

伝統工芸品的な造形美みたい。

 

P8140543.JPG

 

木の柱が太鼓の筒みたいになっているね~

こりゃすげー

P8140541.JPG

 

 

 

せっかくですから記念撮影

パシャ

P8140551.JPG

外人さんが横切ってしまってました。

まぁよくあるあるです(笑)。。

 

 

帰路は来た道をそのままピストン帰りをして

到着したのは17時頃

ゆっくりと走って来たけど北陸も近くに感じてしまったね。

 

 

 

 

これにて2016年 ANIKI、副長の夏休みは 終わりです。

P8120115_800.JPG

夏の能登半島は美しい景色ばかりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追伸

P8140594_800.JPG

 帰りの北陸自動車道サービスエリアにて偶然の一枚。

 

あと1キロ!っと言うよりかは

ギリギリ3万キロ代だぜ!!

っていうほうがワタシ好みであります。

 

 

 

 

後ほど無事4万キロ突入いたしました。

 

でわでわ。

 

 


走行距離:1288.7キロ

 

平均燃費:27.4km/L


 

 

 


nice!(16)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

真夏の能登半島(前篇) [touring]

真夏のツーリングはいよいよ最終編!!

 

 

そして今回、

ANIKIの夏休み特別企画っと言う事で

  P8120003.JPG

ターゲットは北陸・能登半島!!!

 

 

 

 

 

 

 

っで行った事もないので、

とりあえずAM6時ぐらいに出発です。

 

 2泊3日の工程で、移動で二日間、そして中一日を能登半島を周るというマスタプラン。

 ワタクシの好きな絶景や最先端をポイントとして周りますが、グルメは全くノープランと

しております。。

このプランを練っている間、色々と忙しく日々を過ごしておりまして、最悪とん挫する所でしたが

 この日を迎えられる事に感謝をしております。なので、グルメ情報を収集するまで時間が無かったのだよ。。

 

 

 

R133を新潟へ目指していきます。

 P8120007.JPG

 それにしても、連日のように30度を超える暑さ、

北陸はっと言う事でネットで調べると、予報では若干東北よりも

暑い(笑)・・・

 

 

ようやく着いた新潟の荒川胎内ICから日本海東北自動車道を北陸へ向かって

最初の給油、黒崎PAに到着

高速も北陸自動車道に変わっていたよ。

P8120015.JPG

この時間でAM10時前

けど気温は30度越えているぜ。。

 

 

 黒崎PAにはこんな涼しい仕掛けがあったよ。

P8120026.JPG

マイナスイオンたっぷりミスト。

めっちゃ気持ちいいぜ。

 

 

そして

P8120029.JPG

 副長もやっている。

 

 

 

 

まだ午前中のライドではあるが、

ずっと高速乗って行くから気合入れるため

P8120022.JPG

夫婦でファイト~!ドリンクを頂きます。

 

 

 

 ず~っと西へ西へと下って行きます。

そういえば、途中の長岡JCTが以前柏崎までライドした時に間違って関越自動車道に

入ってしまいそうになったのを記憶してました。

北陸自動車道が主線かと思ったら、あの辺は関越が主線と考えておく必要があるね。

P8120033.JPG

長岡(トラップ)JCT を見事クリアできました。

 

 

 

 

新潟で最後の休憩

名立谷浜icに到着

P8120039.JPG

もうこの辺は、

初物の土地でございます~

 

 

この日、合計で4回の給油を行いましたが、

ここは3回目給油です。

P8120047.JPG

 

新潟県と富山県の県境あたりからトンネルだらけになっったよ。

中には4千メートル級もあったりしたのがびっくりした。。

 

 

その合間に、親不知という所では、北陸自動車道が海に突出した形でカーブを描いてて

とてもきれいな場所でしたよ。

P8120057.JPG

 

 

 

 

何とか、午前中に新潟を抜けて富山にある有磯海SAで休憩。

P8120060.JPG

お昼にしようときょろきょろしてたら、

ん!?・・・いか?

 

 

ホタルイカで有名なところなんだね。

P8120061.JPG

 イカばっかだよ(笑)

 

 

 

 

この流れでレストランに入ったらホタルイカに関わる料理を注文するかと思いきや

富山ブラックラーメンとマス寿司です。

 P8120066.JPG

色の割にはあっさりしているブラックだぜ。

それにマス寿司ってこんなに美味い物かと感動してしまいました。

えぇ・・・食わず嫌いですんで(*´з`)~

 

 

 

 

 

暑さのため十分休憩をした後は

一気に石川の金沢森本ICまで突っ走り、

そこからR8を北上していくと

P8120097.JPG

 最近無料化になった「のと里山海道」と合流します。

左手に日本海が見渡さるシーサイドルート

道も綺麗だし最高のルートだね。

 

 

 

 

途中の高松ICで休憩

とにかく暑くて水分補給は沢山とりました。

P8120084.JPG

 

ごらんの様に海を眺められるし

P8120083.JPG

 

ここで海水浴も出来ちゃうみたいだね。

P8120081.JPG

お店の裏の水道使って子供たちが身体を流してました。

 

 

 

地元にはない景色を見てると、やっと遠くに来たなって実感が湧くよ。

P8120091.JPG

 弧の字を描くような能登半島をが遠方に見えると

やっぱりデッケー半島なんだね。

 

 

 

 

 

更に北上して、今浜ICを降りて砂浜へハンドルを握ると

 この日のメインディッシュの登場です。

 XTCH0019.jpg

デザートロードを恐る恐る走らせます。

 

 

 

 

 

ここが砂浜を走れる道

「千里浜なぎさドライブウェイ 」

P8120101.JPG

 高鳴るテンションを開放するぞと行き混んでましたところ・・・

 

 

 

 

 

 

目の前で

 一台バイクがコケておりました。。。

P8120100.JPG

フカフカの砂の上なんでバイクもライダーも無事でしたが、

こりゃ~気を抜いちゃうと、ハンドル取られちゃいそうだな。

 

 

 

 

 

 

湿った砂は全く問題ないけど、乾いた砂は結構取られるのでソロソロと走って行きます。

XTCH0020.jpg

 こんな時、女性って度胸があるもんだね。

 副長、ワタクシより先に走って、撮影してくるってすっ飛んで行きましたよ。。

 

 

 かなりのロースピードで着きましたよ(笑)。

P8120106.jpg

 

 

 

ようやく降りてみたけど、

日本じゃないような光景が新鮮だ。

P8120110.JPG

 

車体の軽いFORZAはなんとかサイドスタンドが出来たけど

スポスタクラスだとメリメリ砂に入り込んでしまったぞ。

そこを見かけたNinja乗りの方が

わざわざ石を持ってきて下さって

砂に埋めるようにして、ようやく立てました。

P8120108.JPG

千里浜なぎさドライブウェイは軽いバイクで走るのがお勧めです。

 

 

けど、リターンする前から走ってみたかった 千里浜なぎさドライブウェイ

P8120123.JPG

 念願かなって走れたのは、まさに本望だ。

 

 

 

 

 数キロの道のりをようやく走り終えた感想は。。。

砂の粒子が通常より細かく、ロードタイヤでも十分走れる砂道ではあるけど、

いやーこりゃオフ車乗っている方ならわかると思うけど、

オフ車だったら3倍は楽しめるな^^。

 P8120124.JPG

ミシェランコマンダー2もご覧の通り(笑)。

 

 

 

 

終点には千里浜なぎさモビレージ

P8120135.JPG

お土産も売ってますが、ここのすぐ隣のキャンプ場を今晩の寝床にしますので

こちらの事務室へ手続きを行います。

 

駐車場には砂で作られたオブジェが展示しておりましたよ。

P8120127.JPG

やたらカップルが多いなと思ったら

こういうロマンス満載のオブジェがあるからなんだね。

 

P8120132.JPG

 やめてくれ。

号泣してしまうではないか。。

 

 

 

 

 

へ~

この遊び心がきっかけなんだね。

P8120131.JPG

 

この運転手と一度

酒を酌み交わしてみたいです。

 

 

 

 

 

 

キャンプ場に到着

そんなに大きいキャンプ場ではないけど、まぁ良しとしよう。

P8120137.JPG

 

 

P8120138.JPG

数名のライダーもおりまして、

横浜から来たDS400乗りの方と、我々夫婦共々歓談しました。

夜になる前に、近くのMAXバリューで買い出しと(日常とカワンネー 笑)、

近くの「ユーフォリア千里浜」という温泉施設で露天風呂につかりながら一日の疲れをいやして来ました。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

日没

P8120143.JPG

 

 

 

 

佐渡ツーでも見れたけど、

こんな真ん丸お日様が沈む光景は絶品だよ。

 P8120140.JPG

 

そんな光景を皆が待っているようで

人だかりが多いのだ。

P8120145.JPG

 

P8120146.JPG

また明日、遊んでね~

 

 

 

 

 

キャンプ場では酒とつまみで一日走った苦労をねぎらい

今回は遅く、夜11時には就寝となりました。

  P8120150.JPG

 

明日も早くから移動開始。

能登半島を満喫致します。

 

でわでわ・・・

 

 

 

 


nice!(23)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

前のり~ひめさゆりBM2016 [touring]

 6/11~12

恒例の福島県南会津町(南郷村)で開催される

ひめさゆりバイクミーティングに行ってきました。

 懸念されたむち打ちの症状は約70%ほど回復しており、

前日まで様子をみて可能だと判断、即、前夜祭(非公認)の主催者側に連絡をとり

出席の報告を行う事ができました。

 

これも、週3回のリハビリ治療と近くの温泉治療を行った結果だと自負しております。

うん、頑張ったな。

 

 P6110181.JPG

今年は初の前夜祭出席。

5時までに福島県只見町の「只見町青少年旅行村いこいの森」までつくプランで

お昼前にのんびりと出発します。

 

 

R121の大峠を通過

 XTCH0022-002.jpg

大峠は今じゃ立派な直線道路メインのハイウェイになってますが

昔はつづら折りの狭い道だった記憶があるね。

そんな道を通って友人と車で喜多方ラーメンを食べにった記憶が残ってます。

 

 

そんな昔の思い出を思い出したら

やっぱり喜多方ラーメン食べたくなってきた。丁度昼やし。

 

 

大好きな坂内食堂を通ったら超が付くほどの大行列。

早々に後にして、スマホで見つけた目ぼしい店に行ったら

麺が完売で本日終了だって(T_T)・・

三度目の正直で以前から行ってみたかったお店を探すと

なんか引っ越ししてたようでようやく発見です。

P6110186.JPG

あじ庵食堂

お初でございます。

 

 

注文したのは

山葵潮そば

P6110183.JPG

ちと歳のせいか、最近はアッサリ系のラーメンを欲するためのチョイス

しじみの出汁も取り柄れているようで

あっさりして、かつ奥行きがある味だ~

 

 

 

 

食事を終えた後、

お店の近くに、なんやら怪しい道を発見

P6110193.JPG

サイクリングロードになっておりますが、

ここは旧日中線の廃線跡ですよ。

 

以前訪れた熱塩駅から喜多方駅まで続いたのでありますが、

P6110189.JPG

今は、桜並木で花見のシーズンは人で賑わう道になっているようです。

 

 

 

 

R121からR252へ

XTCH0028.jpg

山間を抜ける国道を走り

 

 

道の駅 奥会津かねやまに到着

P6110200.JPG

 只見川のせせらぎと深い緑色が何とも美しいです。

 

 

こんな景色を見ながら食べるソフトクリームは最高です。

P6110202.JPG

因みにライダーは50円引きですぜ。ついでにステッカーもGET

 

 

 この道の駅には見学できる茅葺屋根の建物があったりします。

P6110208.JPG

旧五十島家住宅

説明文を読むと18世紀に建築された家だって。すげー。。

 

 

 

 いろりがあったり

P6110214.JPG

 

 

柱と梁の組み合わせが芸術的であったり

P6110215.JPG

 

勝手口の扉が風情であったり

P6110216.JPG

 

 

だれがしたのか?っと 突っ込んでみたりと

P6110213.JPG

楽しく見学してまいりました。

 

 

 

 

 休憩を終えて

再び南下

XTCH0032.jpg

 

只見川に沿って走るのだけれど

その姿がまた綺麗でついつい止まって撮影してしまうよ。

 

 P6110219.JPG

以前、河井継之助記念館に立ち寄った時の駐車場でパチリ

 

 

 年に1回は拝めるこの只見の風景

P6110223.JPG

同じ東北でもこういった景色は中々見れるもんじゃないね。

 

 

 

 

その後、ちょっと脇道を通る。

 

 XTCH0032-001.jpg

 R289 通称八十里越

 

 

 

スゴイ道を進むかと思いきや

アッサリ終了

P6110226.JPG

ちなみに、車両の乗り入れはここまでで

登山道が国道となっております。

 

 

1986年から福島~新潟双方ともに工事を行っているが

険しい場所のため未だに開通していない所です。

2020年代に開通予定とするため、日進月歩で工事が進んでいるのでしょう。

P6110228.JPG

この道を通って会津に来た河井継之助のうたった 「八十里 こしぬけ武士の 越す峠」

念願かなって記念撮影です。

 

 

 

 

 さて、そこから直ぐに目的地へ

到着~

 XTCH0036.jpg

 

 あれま、皆さんすでに勢ぞろいでした。

P6110254.JPG

三十台以上あるようです。

 

 

 

何故か毎年非公認の「福太郎祭」

P6110252.JPG

 今思えば、ご本人にその辺を聞いとけばよかったと・・・

 

 

キャンプ場の中に数棟ある古民家

P6110257.JPG

かなり広いです。

 

外ではBBQ等のセッティング中

P6110255.JPG

ちなみにこれ、移動式のピザ釜だって^^

 

 

Junさんが一生懸命火を焚こうとしておりますが中々着きません。

 P6110260.JPG

 

 

そこで、今回主催者側で色々と手配して下さったポルコさんが

自前のドローンを起動してきました。

P6110261.JPG

近くで見ると、結構大きいんだね。

 

 

 

 

 

 

ブーン

P6110274.JPG

プロペラの風圧で火が瞬く間に

 

 

着火完了でございます。

P6110275.JPG

ドローンの正しい使い方?

けど凄い助っ人だったよ。

 

 

 

 

一年ぶりに再会したソネブロガー?のローキンさんが

蕎麦を作って下さいました。

P6110256.JPG

大根の歯ごたえと蕎麦の質感が絶妙で、美味しく頂きました。

酔った宴でも一杯頂いたと思う・・・

 

 

 

 

そんな中、食事も出来上がってきたようで一斉に逝きましょうか(笑)

P6110286.JPG

 この瞬間から、ライダーANIKIから酔いのANIKIへバトンタッチさせて頂きます。

なので、殆ど覚えて無いのだよ。。。

 

 


 とにかく肉肉肉!!

食べた記憶があるよ(笑)。

 P6110288.JPG

 

余興も終わり いつの間に

ソロソロねる準備。

P6110298.JPG

 おそらく、ご迷惑おかけしたであろう関係者方々。

その節は、色々とお世話様でした<(_ _)>

アンド

楽しい時間をありがとうございました^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

∑・m= チュンチュン ∑・m= チュンチュン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 翌日。

ワタクシ、押し入れで寝ていたようです。

P6110301.JPG

ドラえもんか!

 

 

 

 

朝食も用意して頂き、最後までありがとうござました。

さて、本番ひめさゆり会場へと向かうのですが、

30名以上のライダーさん一人ひとりとお話しも出来ないままだと切ないので

記念にほぼ全員の愛機をずらっと紹介だ。

 

bike_P6120308-tile.jpg

 

bike_P6120312-tile.jpg

 

bike_P6120316-tile.jpg

 

bike_P6120323-tile.jpg

 

bike_P6120330-tile.jpg

 

 bike_P6120333-tile.jpg

※その他古民家の裏にあったバイク、撮れずにごめんね!!

 

 

 

非公認前夜祭

主催者された皆様、お会い出来た皆様

この度はありがとうございました!

福太郎祭2016.jpg

六ちゃんのFBから拝借

 

 

 

 

その後、約30台のバイクはひめさゆり会場へGO!

XTCH0039.jpg

 ワタクシの直前を走る東京のTさんのNSR250R

2ストのかほりが何とも懐かしかった~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほどなくして、会場到着

P6120342.JPG

 

 

P6120343.JPG

ウェルカムドッグくん、ありがとう。

薄々は感じておりましたが、

ちょっと昨日はパワーを使いすぎてしまったので、木陰でちょっと休みます。。。

っという訳で、今年は全く持って催し物を見る気力が無い状態なので

記事がありません。、あー全く持ってブロガー失格(+_+)。。。

 

 

 

 

ようやくお昼頃に調子が戻ってきまして、

P6120355.JPG

 南郷マダムたちが採りたてのアスパラガスを

これまた揚げたてで頂きました。

 P6120357.JPG

 はい。

充電完了(笑)。

 

 

 

最後の記念撮影のみ出席

P6120353.JPG

 

 

P6120354.JPG

今回はドローンが大活躍ですね。

時代だなァ~

 

 

 

 

一年ぶりにお会いしたhoshizouさん

フラッグキャラバン活動を精力的に行っておりましたので撮って頂きました。

復興フラッグキャラバン.jpg

hoshizouさん曰く

朝GO!にはこねーし。

ビーチクにもこねーし。

いつの間にか山形引っ越してるし。

 

 

はい。

・・・どうもすみません<m(__)m>

フラッグキャラバン

 

 

 

 

 

お昼に発ち

去年一回限りかと思われたチームyoshiとも再開したという事で一緒に帰ります。

P6120364.JPG

 新しいお仲間も増えまして、また楽しい思い出ができました。

 

 

XTCH0047.jpg

 山形までおモトして下さった皆様、楽しい時間をありがとうございます。

 

 

 

今回、ムチウチの症状も良くなりつつ、そのため

ついつい前夜祭で楽しみ過ぎたせいか、本番は全く持って死に体だったANIKI。

そんな ヘタレにお声掛け下さった皆様。ほんとうにありがとうございます。

また来年お会い出来る事を楽しみにしております。

ひめさゆりBM2016.jpg

最後も全く撮れてませんので、公式サイトより拝借。

 

 

 

でわでわ

 

 


走行距離:495.6km

 


 

 


nice!(25)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

花見山まで2016年のサクライド [touring]

 

 

 


まずはこのたびの熊本県を震源とする地震により被害を受けられた皆さまに心からお見舞いを申し上げます。

 

被災地の皆様の安全と、一刻も早い回復を心よりお祈り致します。


 

 

 

 

 

 

 

 

ウメの次はサクラだ!

ということでサクラ開花

東北でも咲きました。

 Big_P4100015.JPG

 

 

4/10(日)

福島市までやってきました。

P4100003.JPG

幹線道路沿いにあった名もなきサクラ

本日は4/8に開通した磐梯吾妻スカイラインを走り、福島市内の花見の名称「花見山」を見学していこうと思います。

 

 

ただ、ここの桜も立派に咲いている

ただ見ているだけとはいえ、出発するのが名残惜しいね。

Big_P4100010.JPG

運転手じゃなかったら一杯やりたい所ではあるわ。。。

 

 

 

 

 朝の7時に出発して現在8時40分ぐらい

まだ観光バス等が走らない朝早くに登って行きます。

IMG_4777.JPG

※カメラの画像サイズが何かの拍子で1/1になっちまっているぜ。。

 

 

 

 

 

順調に登り、つばくろ谷へ到着

P4100027.JPG

やはりライダーはいるな。

 

 

ここで標高1000mぐらいかな。

今年は雪が少ないようで、4月の上旬で所々にしか見当たりません。

 P4100026.JPG

 

 


P4100018.JPG

 不動沢橋を眺める。

 

とはいえ、かなーりさむーござんす。。

P4100022.JPG

では浄土平まで 一気に。。

 

 

 

 

 

 

 

。。いかないで、バシバシ撮って行こう。

 IMG_4786.JPG

 漢字で「標高」って書いてなかったら外国のようだ。

 

 

 何度通ってもハマってしまう風景。

Big_IMG_4793.JPG

 

 

 

IMG_4794.JPG

 

 

この季節に山肌がみえるとは思わなかったよ。

Big_IMG_4790.JPG

 

 

 

 

 レストハウスに到着

IMG_4804.JPG

環境保全のためバイクの駐車料金100円を支払います。

 

 

 

 レストハウスでトイレ休憩

すると、店員さんの計らいで、会津地方の郷土料理「こづゆ」の無料提供がありました。

IMG_4798.JPG

冷えた身体にこれはありがたい。

醤油ベースに大根や人参、シイタケ等 を入れたシンプルな味付けは外れがないね。

これは美味!!

 

 

 

 

 

 

身体も温まったところで

出発!

IMG_4801.JPG

 今日は吾妻小富士には登らないよ。

 

 

 

猪苗代方面に向かって走ると

ようやく雪の回廊が見えて来た。

IMG_4809.JPG

 

でもやはり、今年は少ないようだ。

IMG_4805.JPG

最高点の1622mで2メートルちょっとぐらいかな。

 

 

 

 

 

 拍子抜けではあるが、これはこれで春が早めにやってきたという事。

そも分ライド出来ている事は非常に喜ばしい事だろう~。

 P4100028.JPG

 

磐梯吾妻スカイラインを後にして、

R115の土湯の道の駅で休憩。

 

お昼も近かったけど、花見優先でGOだ!

IMG_4815.JPG

 R115 道路沿いにもサクラ色~

 


 

 

 

 

 

R4にあたって看板通りに進んでいったら、花見山に迷わず到着です。

バイクを降りていざ探索開始!!

 P4100040.JPG

地元の路線バスがひっきりなしに巡行 している。

始めて来たけどすごい観光スポットのようだね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃそうだろうな。

いきなりこんな光景魅せられちゃ、ノックアウトだぜ。

Big_P4100053.JPG

 サクラと菜の花のコントラストが素晴らしい。

 

 

沿道沿いをしばし散歩。

P4100061.JPG

 

名前はしらないけど、沢山花が咲乱れてます。

こりゃ圧巻だな。

Big_P4100047.JPG

 

 

菜の花も最高潮に咲いているよ。

P4100071.JPG

 

 

P4100093.JPG

 

 

人の流れが止まった所で自撮ってみましょ。

P4100097.JPG

 咲き乱れている花見山を見てワタクシ感動しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰りのコースも楽しみながら

丁度いい具合にお土産屋がたちならんでおります。

 P4100132.JPG

 

お土産をGETです。

P4100133.JPG

塩漬けにしたサクラの花

ご飯に混ぜても美味しいし、お茶漬けでも良いですよと言われましたので

家族全員が恩恵を受けるのではないでしょうかww。

 

 福島の桃源郷と言われるだけあって素晴らしい色彩を織りなす花見山でした。

 

Big_P4100070.JPG

福島市街地からも近い場所だし、ここは最低でも一度は見学するべきだね。

本当に美しかったわ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてお腹が空いたところでもあるのだが、

花見山で済ませようとも考えましたが、

やはり、ここは今年初の中通りツー

ここは外す事はできません。

 

 

 

ご存知「和屋」

IMG_4823.JPG

丁度お昼のピークも過ぎたので5分ぐらい待って入れました。

 

 

 

ここ1ヶ月ほど単調管理のため食していなかった麺

が、ようやく解禁です。

IMG_4822.JPG

やっぱり、間違いないな。

 お腹が喜んでおりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今年は花見山までのサクライド

色とりどりの花見山を堪能できて、頭の中まで桜色になっちゃいましたよ。^^

IMG_4818.JPG

 

 

でわでわ。。

 

 

 


走行距離:287.5km

 


 

 


nice!(32)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

SWの 「エ」 ツーリング~オレンジと星屑のデザート編~ [touring]

前回の続き

 IMG_3993.JPG

近代遺産で遊んだあとは

島北部の海沿いをノンビリたどって

今夜のキャンプ地、佐渡島の最北端を目指します。

 

 

 

 

 

 

島の繁華街を抜け出してから

ここに至るまで全く信号機がないですよ。

 

IMG_3954.JPG

通行量も少ないし

ストップアンドゴーが無いので実に気持ちがいいクルージングです。

 

 

 

 

 

IMG_3963.JPG

景観も最高だし

佐渡島をチョイスしたのは正解だったね。

 

 

 

 

 

IMG_3971.JPG

 

 

ただし、コンビニやスーパーもこの辺りになると

全く見当たらないです。

DSC_2931.JPG

東屋と駐車場があったので

そこで休憩です。

 

 

 

 

IMG_3975.JPG

自動販売機が唯一のホットステーション

そんな旅もいいではないか。うん。。

 

 

 

 

 

IMG_3976.JPG

すると目の前の建物には佐渡島をイメージした飾りを発見。

カワ(・∀・)イイ!! を連発している副長。

 民宿をされている建物のようだ。

 

 

DSC_2935.JPG

 北沢浮遊選鉱場からここまで約1時間

 

 

 水分補給とKLX特有のお尻の痛みを和らげて(爆)

出発しようか。

IMG_3984.JPG

 二ツ亀のキャンプ場まであと少しだ。

 

 

 

 海と田んぼを

稲穂が実った黄金ロードをほぼ快走するのだが、

 一部はこんな高さの場所を走ります。

 IMG_3987.JPG

帰って調べたのだが、自転車乗りには有名な「Z坂」という斜面だ。

断崖正面から見るとZの道なりになっているようだ。

 

 

 

暫くすると、観光名所の「大野亀」が見えて来た。左の山

IMG_3996.JPG

 オーストラリアのエアーズロック並の一枚岩で

高さは167メートルもあるんですよ。

時間があったら寄りたかったけど、近代遺産で遊び過ぎたのでスルーします。

 

 

 

 

 

なんとか17時前にキャンプ場到着

IMG_4019.JPG

佐渡二ツ亀ビューホテルがキャンプ場の管理事務所になってたよ。

フロントに行って、キャンプ場の使用許可(二人で1500円くらい)と買い出し行ける店を訪ねると、

 

「ご覧の様に、この辺りにはお店が一軒もございません。」

 

ほう、そうきたか。

とりあえず、ビールはホテルで購入できるので、後は所持してきたお酒と

焼き鳥の缶詰とキャンプにはマストアイテムの魚肉ソーセージがあるから

まぁ、、いっか^^

 

 

 

 

とりあえず、 ここをキャンプ地とする。

IMG_4016.JPG

 他、2組のお客さんがいたけど、騒がしい方々出なかったので良かった。

それと、テーブル替わりのビールケースは隣のカップルがどうぞと持ってきてくれました。

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、接地作業も終えて。

 

オレンジのデザートに間に合うか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 OK。

DSC_2940.JPG

ギリセーフ

ってか丁度いいな。

 ギャラリーを大勢おりますよ。

 

 

 

 

 

日本海に沈む夕日

 IMG_4024.JPG

このツー最高のデザートです。

 

 

 

 

 

 

IMG_4046.JPG

 

 

 

 

 

IMG_4047.JPG

 

 

 

 

IMG_4048.JPG

 

 

 


IMG_4035.JPG

 

天候とロケーションに左右されるからお目にかかるのは珍しいです。

日本海に沈む夕日って小学校の修学旅行で行った山形県鶴岡市の湯の浜温泉で見た時以来だよ。

ちなみに太平洋側育ちの副長は初物のようで終始感動しっぱなしです。

 

 

 

 

夕日が沈むまで我々も他の方もずっと見とれておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、完全にオレンジが消える前に場所を移して・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観光名所や海水浴で有名な二ツ亀です。

DSC_2974.JPG

薄暗くなったけど、二匹の亀がうずくまった形から二ツ亀って呼ばれる島です。

ん!?崖っぷちの前に妙な標識があるぞ。

 

 

 

 

 

ほ~

これは旅人の心をくすぐる標識だ。

DSC_2975.JPG

 まじか。ウラジオストクまでそんな距離なん!?

 

 

 

DSC_2991.JPG

 

 

IMG_4051.JPG

そんなこんなで

オレンジのデザートが無くなるまで

ガチ鑑賞して目に焼き付けてきました。

 

 

 

 

 

我々のテントに戻って夕食準備。

でも調理なんてないけどね。

IMG_4054.JPG

 今回のキャンプで新調したUNIFLAME社のネイチャーストーブです。

松ぼっくりと小枝をかき集めて火を付けたら、びっくりするぐらい立派な焚火ができましたよ。

今回は上にお湯を沸かす程度しか使用してなかったけど、

火を見てるだけで安心するので、寝るまで炊いておりました。

 

 

 

 さぁ。宴開始。

 041.JPG

っていうか、先に写真撮るの忘れておりますので

ワインも半分無くなっております(笑)。

 

 

 

 隣のカップル

フォークギターを奏でております。確か「朝日のあたる家」だな・・

 

IMG_4068.JPG

 心地よいムードに酔いしれながら、佐渡の夜は更けていくのでありました。

 

 

 

 

 つまみは少ないと思ったけど、

 上を見上げれば沢山あるではないか。

IMG_4078.JPG

周りには明かりも殆どないので綺麗な星空が肉眼でも観測できましたよ。

 

 

 

 

 

 

ついでに。

IMG_4089.JPG

お、ラッキー。偶然に北斗七星を捉えました。手前、酔っぱらっておりますので

何十年ぶりにみましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして20時には就寝(-_-)zzz

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2時頃トイレに目覚めると

他のキャンパーたちも灯りを消してすっかり暗闇に包まれました。

 

 

 

 

 

 

 

そこで、またしつこく。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目をこすり、肌寒さに震えながら、

露出時間を探って撮った渾身の一枚さ

IMG_4098.JPG

星屑のデザートだ!

眠っている副長には申し訳ないが

 

ワタクシヒトリジメ。(*^^)v

 

 

 

 

さぁ、寒いので寝袋に入るぞ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

∑・m= チュンチュン ∑・m= チュンチュン

 

 

 

IMG_4103.JPG

5時40分

 バイク乗りの朝は早い。トイレからそんなに寝てねー

 と言いますのも フェリーの乗船時刻が9時15分なんです。

あいにく、その時間でしか予約が取れなかったもんで、仕方がないね。

 

 朝ごはんは無いので、両津港近くのコンビニまで我慢とします。

 

 

 

 

 

 

 

撤収完了。

夕暮れ時に見えた二ツ亀の景色もちゃんと目に焼き付けていきましょう。

IMG_4117.JPG

 今日もいい天気になりそうだ。

 

 

 

 

両津港に向けて出発です。

IMG_4132.JPG

 二ツ亀から両津港まで向かう道は一本道ですが

結構狭い道が多いです。

しばしばセンターラインがない道も有ったりするので注意が必要。

 

 

 

朝日を浴びながら、海を眺めながら、自撮りもしながら。

DSC_3030.jpg

 

 

 

 

 

 時々休憩も交えながら

DSC_3019.JPG

 

 

 

 

交通量の少ない道を進んでいきます。

IMG_4138.JPG

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

出航1時間前に両津港付近のコンビニに到着し

ようやく朝飯タイムです。

 IMG_4146.JPG

 このツーは偶然にも「セーブオン」というコンビニのみ立ち寄っております。

そして佐渡島のセーブオンおにぎりは新潟産コシヒカリだったよ~

 

 

 

両津港にて出航手続きを済ませて

しばらく待つと、来ましたよフェリーが。

IMG_4170.JPG

 

 

 

 

行きと同じく最初にバイクが乗船し二等客船室に荷物を置いて

銅鑼の音とともに佐渡島を後にする。

DSC_3065.JPG

 かっぱえびせんにつられた鳥たちが戦闘機並の勢いで喰らいつく。

 

 

 

 

 

そして

さらば、佐渡島よ

 DSC_3124.JPG

いつかまた会おう。

 

 

 バイバイ~

DSC_3109.jpg

この時、既に副長は二等客船室で熟睡しておりました。

そしてワタクシも失礼して

(-_-)zzz

 

 

 

 

 

 

 

 

フッと起きたらえらい近くに新潟市内が見えてきました。

あわてて子供たちのお土産を船上のお店で買い求め

その間にバイク乗りの招集がかかり、大慌てで荷物をまとめて支度しました。

DSC_3125.JPG

 行きもそうだったが

この瞬間、やっぱりワクワクするね。

 

 

 

 

 

 扉が開いて

一台一台出発して、ようやく本土に到着です。

IMG_4171.JPG

フェリーが付く間、帰りのルートを模索して、福島ルートも考えましたが

早めに着いちゃおうという事で、同じR113で戻ります。

 

 

 

てなわけで、原付二種公認の新新バイパス(R7)を通ります。法定速度は70km/hです

IMG_4175.JPG

 加速する時は、伏せ!のスタイルで決めております。。。

 

 

 

 

さてと、新潟市から新発田市に向かって

副長からのランチのリクエスト。

大手地元スーパー内に設けられたイートインコーナー

IMG_4178.JPG

 新潟でチェーン店とされる「みかづき」

 

 

そういやテレビで見た事あるな~

IMG_4186.JPG

新潟と言えばこれ!

っていうことで、絶品イタリアンを注文いたします。

 

 

 

 

 

 

はい、新潟のソウルフード、ドーン。

IMG_4179.JPG

 イタリアンの大盛り(400円也)

 

 

 

ミートソースと焼きうどん!? に近いようなモチモチ麺

結構食べ応えがあるよ。

IMG_4183.JPG

さらには、脇に添えられている生姜が美味さを引き立てますね。

 

 

 

 

佐渡では食べられなかったスイーツも頂きましょう

IMG_4184.JPG

頻繁には来れない所だが、割引券も頂きました。

11月下旬まで使用できるので、念のために取っておこう~

 

 

 

 

 

 

 

さてと

念願のイタリアンを頂いたので、帰り支度と致しましょう。

IMG_4218.JPG

不思議に旅の無事を祝っているような気がしてならない。。

それに君ら、双子だったんだね。

 

 

 

 

 

R113を新潟から山形へ抜けます。

IMG_4228.JPG

もうすすきの季節なんですね。

 

 

 

KLX125のシート形状に悩ませられながら

休憩を多めにとって行きます。

でも、現在発売されている同車両のシートって対策が取られているようで

そっちのシートに替えちゃおうかな。。

 IMG_4230.JPG

 米沢牛のコロッケ

このツー最後の おやつです~

 

 

 

 

 

 のんびり走って、午後6時到着

 IMG_4241.JPG

今回も天候に恵まれ、また無事にツーリングが出来ました。

 

 

 

 

 

 

チッコイKAWASAKIで走った今回の佐渡島

行くまでの道中も問題なく、また島巡りでは機動力を発揮し楽しませて頂きました。

一泊二日で佐渡島の上半分

残りの下半分も魅力的な場所があるようなので、いずれは挑戦したいと考えております。

IMG_4112.JPG

でわ、ごきげんよう~

 

 

 


全走行距離 460.4km (うち佐渡島:142.2km)

 

平均燃費 42.8km/L


 

 

 

 

 


nice!(27)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

SWの 「エ」 ツーリング~上陸編~ [touring]

SW(シルバーウィーク)

全く持って今まではツープランを立てておりませんでした。

けど、今年は5連休になるようだ。

 

そこで仕事もプライベートも調整しつつ

夏のツー候補をもう一度検証しつつ

これはイケると判断。

 

 

 

 

 

9/21~22の一泊二日を予定して

そもそも肝心な目的地「エ」 とはなーんだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃん。

佐渡島。

IMG_3677.JPG

佐渡島の形をそのままタイトルにしてみた(笑)。

 しかも出発前に購入したこのマップ

近所のブックオフ で税込み108円でGETしたぜ。

1992年の発行という事ですが島の形は変わっていないはずだし

一泊二日の予定で行くと、島の上半分を海岸沿いに走る事を想定しているので

まぁ、劇的に変わっているはずもねーかな?ってな感じでメインマップにしてみる。

 

 

 

 

ちなみに副長に報告してみたら

おもむろに、太宰治の「佐渡」を読み始めるし、

準備は万端の様子だ。。

 

 

 

 

 

9/21 事前予約していた9時25分の佐渡汽船 に乗船するため

まだ暗い時間帯の気持ちAM 5時前に出発

ちなみに今回ワタクシの旅の相棒は

IMG_3680.JPG

久々の登場

身軽で静かな忍号 KLX125で出発です。

 

 

 

 

予報では晴れるようだが

内陸に値する上山~南陽にかけては霧が発生中

IMG_3681.JPG

 R113を新潟に向ける。

 

 

 

 

 

峠越えのため、麓のコンビニで朝食です。

IMG_3683.JPG

 時間はまだ6時前

IMG_3685.JPG

霧の中おにぎりタイム

想定では自宅から新潟市内まで約3時間半ぐらいを見込んでいるから

順調なペース

 

けどこのまま走り続けて、飯豊町、小国町を経由しても霧で視界も悪い

おまけに水滴が結構ついて来て

そろそろカッパを着ようかと考えてたら

新潟県に入り

IMG_3692.JPG

あれま。ピーカン

 

 

そそくさとウェア類を天日干し

水滴のおかげで非常に寒く感じたよ。

IMG_3693.JPG

 

R113からR290へと進路を向け

新潟市方面へと走る。

IMG_3694.JPG

稲穂が首を垂れる時期

今しか味わえない景色を堪能しております。

 

 

R290からR7へ

IMG_3702.JPG

先ほどの景色と打って変わって新発田町付近に入ると

賑わってきたね。

 

 

近隣の県といえど、見知らぬ風景は自ずとテンションがあがる。

IMG_3703.JPG

我々の旅を祝福しているような気がしてならない。[わーい(嬉しい顔)]

 

 

 

 

そのまま新新バイパスへと進む

IMG_3708.JPG

今回念入りにリサーチした道

バイパスといえど、法定速度70km/hの指定があり

かつ原付はNGという情報もあったため

果たして原付二種は通れるの?って疑問があった。

実際このバイパスをずっと進むと

自動車専用道路に入るため

そこからは125cc以下はNGなのだが

この新進バイパスに関してはOK

一休さんのように堂々と渡ってみるよ。

 

 

 

ただし、追い越し車線を通る時は

前伏せライドで抵抗を押さえて加速しなければ(笑)。。

 

 

 

一日市 ICでR7を降りて

向かうは新潟市内 方面にある佐渡汽船 新潟港ターミナル

IMG_3717.JPG

予定通り 8時半ぐらいに到着できた。

 

 

すでにラクラクチェックインで申し込みしていたから

機械にQRコードを向けただけで

往路、復路ともにチケットが手に入ったわ。

IMG_3716.JPG

原付二種のライダーがこのフェリーでは沢山いるよ

どうもカスタムされたモンキー軍団の御一行様のようでした。

 

 

 

 ライダーさん最初に乗船しますとの係員の呼びかけで

船に乗り込む

IMG_3763.JPG

ワタクシも含めて原付軍団は一番前だったけど

副長やリッタークラスのバイクは一番後ろとなりました。

係員に聞いてみると

バイクが多い時は二つに分けて乗船するようだったね。

 

 

 

まぁとりあえず二等客船に乗り込み

IMG_3720.JPG

混む前の記念撮影

往路も復路も予約がいっぱいなんで

その後は寝る場所もままならないくらいに混みあってきたよ。

 

 

 

 

定刻通り9:25 銅鑼の音とともに、佐渡島へ向けて出港

約2時間半の船旅だ

IMG_3744.JPG

 この海路

実はR350のようだね

IMG_3730.JPG

新潟港から両津港まで

のんびりフェリーに乗って

まずは眠ります(-_-)zzz

 

 

 

っとは言え

 

 

 

北海道行った時も感じたが

二等客室は実に愉快である。

 

まず、寝させてくれない(笑)

北海道のツーでは寝ている時におじさんが 抱き着いてきたり

いい年こいたおっさんが芦[新月]愛菜さんのモノマネしてたり

色んな意味でおもろくて寝させてくれなかった( ;∀;)。。

 

 

 

っで今回の刺客

隣の孫を連れて来たご婦人

お孫さんに関してはとても優秀で、声のトーンを下げて

話しているのに対し、ご婦人は聞いてもいないのに

地元の話から政治経済の話まで声を大にして持論を展開しておりましたよ。


ワタクシとしては今回も来たなっと想定内でありましたので

熟睡するのをあきらめて苦笑いしながら聞いてました^^

 

 

 

 

副長は一言

ネレネー(-_-メ)。

 

 

 

 

 

ご婦人が話疲れて静かになった頃

外からはようやく佐渡島が見えてきましたよ。

IMG_3756.JPG

おー天気もまずまずだ。

 



アナウンスが流れてバイクのもとへ


IMG_3763.JPG

 

外の様子がわからないけど

ゴンゴンと軽く接地するような衝撃と

プシューっと扉が開くような油圧の音が何度か入ると

 

IMG_3768.JPG

 お開いて来たぞ。

しかも

ワタシと忍号が一番最初に下船だ。

 

 

キャッホー!

っと飛び出してはみたけど

ソロツーじゃないだっけ(笑)。。

待つと副長のFORZAは車よりも後の一番最後の下船( `ー´)ノ

IMG_3772.JPG

 両津港ターミナル

20年以上前に社員旅行で行った時以来の佐渡島だぜ。

 

 

 

丁度お昼なのでお腹もGOO

 R350沿いに適当なお店を発見したので入り込みます。

IMG_3776.JPG

お店は ファンタオ

 

ツーの時は何故か辛い麺類を食べてしまう癖があるようだ。

注文したのは

マーボーメン

IMG_3777.JPG

 場当たり的に入ったけど

これが程よい辛さで麺も美味しく意外とイケた。

 副長はあんそばを注文したが、共にアリだな。

 

 

 

腹ごしらえした後で再びR350を西へと進む

IMG_3782.JPG

そうそう、明日の帰りの船も同じく9時台なので実質佐渡には1日未満の滞在なので

ほぼ弾丸ツーに近いのだ。

ですので今回はいつもよりもタイトなスケジュールで各ポイントを周り

前菜、 メインディッシュ、デザートというような形で走ります。

 

 

もちろん、3つとも絶景ポイントだよ。

 

まずは前菜、大佐渡スカイラインの展望台へ

IMG_3799.JPG

 普段走っている蔵王と比べると急こう配

頂上付近に自衛隊のレーダー基地があるようなので

重量車両にも耐える様道はコンクリート製になっているのかな。

 

 

 

グングン登って白雲台へ到着

DSC_2792.JPG

 標高は1000メートル近いのでヒヤッと感じる空気感

 

 

やっぱ眺めがいい場所であるため

多くの観光客がおりましたよ。

 DSC_2794.JPG

微妙に紅葉が始まってるようだね。

 

 

 

 

 レストハウスでトイレ休憩しながら

外に出るとごらんの眺め

DSC_2800.JPG

 こちらが上陸した両津港

 

国中平野を挟んで

DSC_2804.JPG

 こっちが真野湾

絶景はテンション上がるぜ。

 

 

 

 

佐渡島のウエスト部分をしっかり見れるビューポイント

IMG_3813.JPG

 若干ガスが出てきているがこの日は視界は良好だったのでラッキー

 

 

IMG_3821.JPG

展望台を後にして先に向かいます。

先ほども言った通り、タイトなスケジュールなもんで(笑)

 

 

 

とは言え

ウヒョーって感じてしまうと

ついつい止まってみてしまうのがワタクシの癖でもあります。

 IMG_3824.JPG

 風景一番、時間は二番 (笑)

ガスの中でちらっと見えたのは 自衛隊のレーダー

ガメラレーダーって言うようです。

 

 

よし、バックに記念撮影開始

IMG_3828.JPG

ありゃ?

やっぱガスは待ってくれないのね。。。

 

IMG_3832.JPG

 大佐渡スカイラインの一番高い場所だ。

頂上と先端部分はライダーの嗜好点でございます。

 

 

 

大佐渡スカイライン下り

急こう配でかつヘアピンカーブの連続

観光バスも通るけど、常に反対車線も使用して大回りだ。

IMG_3853.JPG

 

 

 

下りきった所で到着

IMG_3865.JPG

 

 

大立竪坑櫓

 IMG_3866.JPG

 旧佐渡鉱山採鉱の施設

明治10年(1877)に外国人技師の指導で日本初の洋式竪坑として完成

 昭和13年(1938)に今の形のなって平成元年(1989)の休山まで112年間にわたり使用

 

この地下には深さ352mの地下エレベーターがあるんだって。

 IMG_3861.JPG

すげーなこりゃ

 

 直ぐ近くには佐渡金山の見学施設もあり

この辺りは坑道がかなりあるようだ。

 DSC_2816.JPG

社員旅行で砂金採りをやった所も行きたかったけど、

なにせタイトなスケジュールなもんでスルーする^^

 

 

山を下り海に出る

IMG_3870.JPG

すると佐渡奉行所の前に到着

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かこの辺りかと、向かう場所を散策してみるが見当たらない。。

軽い忍号だけで幹線道路沿いからウロウロと斥候してみると、

IMG_3871.JPG

 あったぜ。メインディッシュ。

 上ばかり見上げてたので、眼下にあるのを見落としておったわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 佐渡島上陸から約2時間

天候にも恵まれて前菜の絶景ポイントも楽しめました。

IMG_3805.JPG

次回はメインディッシュの北沢浮遊選鉱場跡

写真が多かったものでつづきます。

 


nice!(23)  コメント(28)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2015 夏のツーリングは青森~秋田へGO!(男鹿半島篇) [touring]

前回の続き。

 

翌日目を覚ましたのは4時

IMG_3453.JPG

今回はテントの下にブルーシートをかませて多少地面のデコボコを和らいだのだが

やっぱり一年ぶりにテントで寝ると眠りずらや。。

 IMG_3457.JPG

でもこの早朝の静寂さは、キャンプツーにとってはご褒美レベル

そして天気もまずまず

日も差してますよ。

 

 

夕ご飯でおつまみか朝食べる様に買ってたパックに入っている煮玉子は

夜に全部副長が食べてしまった。。[ふらふら]

P8160082.JPG

なので朝はコーヒーとスープのみとなる。。

 

 

素早く撤収して、パッキングしてから出発前の運動

 IMG_3467.JPG

さて行こうか。

 

 

 

昨夜も雨にあたらずに快適に過ごせた今回のキャンプ

2013年の旭川でのゲリラ雨、2014年の三沢小川原湖での土砂降りと比べると実に運が良かったよ。

IMG_3471.JPG

 道もドライだ、気持ちが良い

 

 

 

今回止まった宇樽部キャンプ場は青森県。

秋田との県境もすぐ近くにあります。

IMG_3493.JPG

秋田県側に入って、十和田湖畔で最後の見納め

 

 

 

なんと、三度目のツーリングで初めて晴れ間が見えたよ。

十和田の女神がほほ笑んだ瞬間だね。

IMG_3488.JPG

重っ苦しい十和田湖も好きだけど、天気が良いのには越したことはない。

 

IMG_3481.JPG

この場所に来て、ハッと思い出しました。

19歳の初ツーの時にこの場所で写真を撮った事があります。

そして写真を撮ってから帰路に向かっている最中、連れで親友のS藤君がここにタンクバックを忘れてしまい

慌ててここまで引き返し事を思い出しましたよ。

もうね。。。1時間くらいロスしたっけな。。

 

でも、若かりし頃のツーリングってこんな事の繰り返しだったね。

今となっては楽しい思い出です。

 

 

ここから場所を変えて、R103にある発荷峠まで登る

IMG_3497.JPG

二階の展望台

来るときはスゲー人だらけでパスしてきましたが、早朝は独り占めモード

 

 

 

天候の回復と共に微笑みだした十和田湖。

IMG_3496.JPG

ありがとう十和田湖。

そして、いつの日かまた会おう。

 

 

 

 

 

 

さぁ、次の目的地は秋田の

最・先・端

 

IMG_3508.JPG

 男鹿半島に向かうのだ。

 

 

 

 

その前に、やっぱり朝は流動食じゃもたん。

ってことで麓のコンビニでおにぎりタイム。

IMG_3513.JPG

 駐車場ではリアル仮面ライダーがおもてなし。

 

 

 

 

 

 R103を西へと進み、大館市からR7へ進みます。

IMG_3520.JPG

 

この辺りから、女神のメーターに異常を知らせるランプが点灯。

ん!?っと見てみるとエンジンチェックランプが走行中に点灯していた。

すかさず路肩に止まって、エンジンを目視チェックしたけど特に異常は見当たらないし

むしろ車検を通してすこぶる元気。。

原因不明のまま、このままダマしダマし続行しました。

 

 

※後日ディーラーへ持ち込んだらバッテリー端子の緩みが原因だったようだ。

 車検時に外して整備した時に誤って閉め忘れたよう。。。。

 まぁ無事だったので対策防止に勤める用お願いしました。

 それにしても、我女神内部にもコンピュータが備えており

 エラー履歴がディーラーで確認出来た事によって判明したなんて、

 意外とハイテクという事にワタクシオーナーもびっくりです。

 

 

 

大潟村へ入る前の給油スポットにて。

 IMG_3549.JPG

 何気ないスナップショットが、後から良い思い出として蘇る。。

 

 

 

 

 

 

大潟村は八郎潟を開拓した日本の自治体では最後の新設自治体です。

 そんな大潟村にはこんな道がありますよ

IMG_3555.JPG

 県道54号

北海道っすか?ってな道がありますよ。

 

 

ずっと続く直線道路は約6km

IMG_3558.JPG

 直線道路ですれ違うライダーは

北海道ツーリングのような風景を楽しめるし、

何より手を上げて挨拶する確率は、

北海道と同じ100%でした。

 

IMG_3567.JPG

最初の絶景ポイント

始めて訪れましたが、最高じゃないか。

 

 

 

県道57号を終えても気持ちがいい道路は続きます。

IMG_3572.JPG

男鹿半島に向かいつつ

ツーリングに似合う道をチョイスできました。

 

 

 

 

 

 さぁ男鹿半島

IMG_3573.JPG

 その最初の目的地へ進みます。

 

森林の中を潜り抜けると

IMG_3576.JPG

 スコーンと抜けた空が現れました。

 

 

右手には20年ぶりに訪れた寒風山がお目見えです。

IMG_3577.JPG

 山全体が芝生で覆われている寒風山

 

パラグライダーも楽しめる行楽ポイントです。

IMG_3579.JPG
我々は一番頂上を目指しましょう。

 

 

 

 

到着です。

P8160090.JPG

標高355メートルですが

 

雲がかなり近く感じます。

 P8160109.JPG

 目線と雲の底が並行だ。

 

 

 

 

また、男鹿半島の地形がみられる場所でもあり

絶景テンションマックスです。

P8160091.JPG

向こう岸は秋田市方面

日本地図ではちょっとの突起に見える男鹿半島だが

いざこうして訪れると風光明媚で見ごたえある半島だと感じ取られます。

 

 

 頂上は展望台も兼ねております。

 P8160098.JPG

 絶好のロケーションで楽しむのは

道を走るのも、空を舞うのも一緒だろうね。

 

P8160097.JPG

そんな寒風山に塩ソフトで乾杯。

暑さのせいであっと言う間にドロドロと溶ける

 

 

記念撮影致しましょう

P8160107.JPG

頂上では車もバイクも駐車場が限られておりますので訪れる際はご注意を。

 

 

 

 

 

頂上をおりまして

寒風山パノラマラインを西へと向かいます。

 IMG_3585.JPG

 芝生の草原に一本道が通っており

ハイジやペーターにでも会いそうな予感(笑)。

IMG_3586.JPG

ずっと先には入道崎が見えますぞ。

なんともワクワクする道しるべだ。

 

 

 

 

 

 

なまはげラインを一路、入道崎へ

 P8160128.JPG

到着です。

 

 

 

 おぉ・・入道崎

P8160129.JPG

 こちらも一面芝生で広がるエリア

昔も訪れたけど、灯台も景色も全く変わらねー。

 

 

 

向かいにはお土産屋が連なっており、ナマハゲの置物もあります。

P8160149.JPG

 エンドレスでワレゴハイネガーを発しております。

 

結構迫力ありましたので

P8160151.JPG

記念撮影です。

 

 

 小腹が空いたのでいかげそを注文

P8160152.JPG

二人前で200円ですが、鬼盛り?なまはげ盛り?

 これだけでお腹が満たされてしまったよ。

 

 

 

 

入道崎のモニュメントの方へ散策してみましょう。

P8160135.JPG

真ん中にあるのが北緯40度のモニュメントでございます。

 

 

そびえ立つ岩は

迫力があるね。

P8160139.JPG

せっかくなので

 ここは、灯台では行わず

 

 

 

ここを根城としてシェンロンを行いましょう。

P8160137.JPG

 

 

 

 

 

 

 また来れて嬉しいよ、入道崎

 P8160144.JPG

 いい絶景をありがとう。

 

 

 

 

入道崎に別れを告げて、こっからはR7に向けて南下します。

IMG_3595.JPG

 旅の折り返し地点

色々と感極まるモノがあるけど、無事に家に到着するまでがツーリングです。

平常心で運転しましょう。

 

 

 

男鹿半島を縁どり、海岸線を走り終えて

近道のなまはげラインに戻って南下します。

IMG_3621.JPG

道路沿いに巨大ななまはげを発見し

急遽、到着したのは

男鹿総合観光案内所

 

 

 

ずいぶんでっかいの作ったよな~

IMG_3619.JPG

 沢山の人が記念撮影しておられるので

人気スポットのようです。

 

 

そういや、宮城のMT99でこのなまはげでカンチョーポーズをすると

特典があるらしいのを前に聞いたことがある。

 

 

あれこれ悩んで、実際やったポーズはこれだ

IMG_3607.JPG

ウルトラマンが到着する前のウルトラ警備隊の戦闘シーン って言った方がしっくりくる。。(笑)

※残念ながらMT99は2015年8月をもって閉店となりました。

 

 

 

 

 

その後、秋田市を抜けて海沿いを南下していきます。

IMG_3627.JPG

 暑さもあって、小まめに休憩しているけど

結構ばててきている。。

 

 

 

 

道の駅岩城へ到着する頃にはお昼を過ぎてました。

IMG_3633.JPG

見渡すとログハウスのレストランケベックというお店があるので

ここでランチとします。

さっき食べたイカゲソがまだ残っているが・・・

 

 

 

 

おっ。LowRiderだ

IMG_3634.JPG

ハーレーブランドによるいわゆるビッグツインの中では一番好きな車種です。

おそらくオーナーの愛機なのでしょう。

バイク乗りの胃袋も掴んでいるレストラン

これは、食事にも期待ができそうだ。

 

 

窓からは日本海が見えてますし、雰囲気もANIKI、副長とも気に入る空気感。

そして食事。

 

ワタクシは日替わりのカレードリア

IMG_3635.JPG

 

 

副長は日替わりのパスタ

IMG_3636.JPG

どちらもお勧めメニューでチョイスしました。

ボリュームもあって何より濃厚で美味しかったですよ。

 

 

店内からテラスへ移動もできちゃいますが、

暑いのでパス。

IMG_3638.JPG

 けど、こんな景色を眺めて食事ができますぞ。

海の向こうに見える山は、さっきいた男鹿半島だよ。

 

 

 

 

 

さぁ、あっという間に午後も中盤に差し掛かってきました。

岩城ICから日本海東北自動車道の無料区間を通り、山形手前の金浦ICまで一気にワープ

県境にある三崎公園で、今日二度目のアイスタイム

IMG_3654.JPG

秋田で有名なババヘラアイス

おそらくここの三崎公園が最南端で売っている場所みたい。

ちなみにこの売り子のご婦人は先ほど滞在した男鹿から通っているようです(;'∀')。。

 

 

久しぶりにいただこうじゃないか。

IMG_3656.JPG

コーンの真ん中に穴があるのが、あれなんですが・・・・

 

 

 

 三崎公園もいい眺めです。

海の向こうには飛島が見えます。

IMG_3661.JPG

 遊歩道も整備されて

リターンする前に小さい子供を連れて遊歩道を散策しました。

 

 

 

 

 

さぁって一服して 最後の目的地へGOだ!

 

 

 

 

 

 

ちょっと迷いましたが

ほい、着きました。

P8160157.JPG

 

副長も、ドコ?って 言ってますが。

 

とりあえず、行ってみましょう。

P8160158.JPG

長閑な農道を通って山の茂みへと進みます。

 

 

 

 

すると見えたよ。

丸池様

P8160161.JPG

エメラルドグリーンの湧き水だけでできてる、非常に綺麗な沼です。

 

 

「神秘」

P8160164.JPG

直径20メートル程度の池ではありますが、まさにその言葉が似合います。

 

 

 

記念撮影をすると、まばゆく照らされているような写真になりました。

P8160171.JPG

 カメラ的には逆光だが、人間的に言えば後光なのだ。

実にアリガタイ。

いいモノ見て、体験できました。

 

 

 

 

 

 

さぁて、そのまま帰路に戻って山形自動車道を山形市方面へ

走行途中、アブが副長の首にぶつかり少々ではあるが腫れがでたり、月山道では

最後に雨に降られたりしましたが、 無事20時に到着できました。

 

 

 

1泊2日の日程で天候にも恵まれ

懐かしかったり、再発見もしたり、非常に楽しめるルートでありました。

春先から家族全員、環境がガラッと変わったので、落ち着くまではライドを控える様、しておりましたが

 徐々に慣れ始め、この時期に夫婦で泊りがけツーまで出来るようにもなりました。

 

そんな事言ってても、去年の夏と変われねーじゃんと自分で突っ込んでおきます。 ^^

P8160126.JPG

この夏 出合った景色と人たちに、ありがとう。

 

 

でわでわ

 

 


全走行距離:863.8km

 


 

 


nice!(26)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク