So-net無料ブログ作成
検索選択

朝GO!!もやしといちご [photolog]

2/19(日)

朝GO!!に参加してまいりました。

しかしながら朝起きてみると山形は雪でございます。

なので、ワタクシ、朝GO初、4輪で参加しましたよ。

 P2190121.JPG

ごらんの通り、峠道は雪でございま~す。

 

 

 

けど、集合場所の南海部品 仙台店に到着すると全く雪がございませんね。

P2190123.JPG

 この時期は太平洋側を羨ましく思います。

 

 

 

暫くするとメンバーが集まってまいりましたよ。

P2190124.JPG

何だか久しぶりのhoshizouさんだ。

朝GO自体、2014年の秋以来だったよ。。

 

 

 

メンバーはhoshizouさん、東北のバイク乗りの皆さん、としんさん、赤14さんの計8人で出発です。

 最初の目的地は利府町にあるラーメン店「山勝角ふじ 利府店」です。

 P2190126.JPG



 

P2190128.JPG

 

利府街道を松島方面へ走ります。

P2190134.JPG

 

 

P2190137.JPG

 なにせ、最後尾の車ですから、後方だけですけど、写真撮りまくっております(笑)

 

 

 

 

 はい到着

P2190139.JPG

隣に蕎麦屋がありますが、間違ってもそちらの駐車場に止めないでね。

 

 

そんでもって挑発的なロゴが。。

P2190143.JPG

ワタクシ 毎日ラーメンでも飽きない人ですが、

それにしてもラーメンにライドしている「もやし」がスゲーよ。

 

 

順番通りに並んで、ようやく着丼。

P2190142_800.JPG

中華そば

皆さん、もやしライドのラーメンをチョイスする方も多かったですが、

やはり基本に忠実ですから、初来店の場合は一番シンプルなラーメンを注文してしまうのです。

カツオベースのスープかな、太麺との愛称が良く、美味しい中華そばでした。

次回来店の際はもやしのラーメンを チョイスしたいと思います。

 

 

 

 東北のバイク乗りの皆さんとはここでお別れ。

 店の出て、裏の駐車場でウマウマ撮影を行ってから福島県新地町目指してGO!ウマウマ懐かしい~

 https://youtu.be/WBUG6LNT9YY

 

 

 

東部道路を南下

既にバイクは見えず・・・

P2190150.JPG

 しかも横風で砂埃が視界を妨げますし、ワタクシの愛車、「銀バン」ちゃんもハンドルをとられます。。

 

 

 

 

 

程なくして到着。

P2190207_edited800.jpg

今年初フラッグです。

到着した時は風が吹いてなかったけど、ワタクシの念力で呼び起こしておきましたよ。

 

 

 

集合写真が久しぶりです。

P2190165.JPG

何気に、皆さんとも久しぶりなんですが、あまり年月を感じさせないのはバイク乗りの証でしょう。

 

 

 

ワタクシは4輪なんで寒くないけど、皆さん寒い中ご苦労さまでした。

P2190229_800.JPG

皆さんの後ろ姿を見ていると、バイクに乗りたい病という持病が出ちゃいましたよ。

 

 

 

 

 

赤14さんの先導で最終目的地、岩沼ベースへ向かいます。

P2190247.JPG

 R6を通らずに地元の方しか知らなそうなルートを通ります。

 

P2190283.JPG

 

いやいや・・・

P2190293_800.JPG

バイク乗りてー(持病)

 

 

としんさん、ワタクシがシャッターを構えると手を挙げて応えてくれました。

 P2190313_800.JPG

 やはり大型バイクは速いですね。

銀バン(660cc軽自動車)ではアクセルベタ踏みでやっと追いつきました。

 

 

 

 

 

 岩沼市に入り

 P2190321.JPG

 さてさて、岩沼ベースに到着です。

 P2190328.JPG

 

おめあては・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

いちごパフェです。

P2190340.JPG

 SNSでよく皆さん上げておりましたので、食指が動いてたまらなかったです。。

 

 

 

ほぼほぼイチゴじゃん。

ビタミン豊富な果物は40代の身体には嬉しい栄養素です。

P2190342.JPG

 スプーンですくおうとしたら、ポロンと落っこちてしまうほどのモリモリライドのイチゴです。

美味しゅうございました。

 

 

 

 

そんなことしてたら、はたまた何か面白い物を見つけたhoshizouさん

 P2190332.JPG

バトルスーツを着こんだミニーちゃん

さほど違和感がないのは気のせいか。

 

 

 

 

ミニーちゃんが鎮座

P2190343.JPG

 ・・・・

 

 

 

 

 

 

皆さんから、本当はかぶりたいんだろ?

って突っ込まれておりましたワタクシ。

P2190345.JPG

はいその通りです。(撮影:としんさん)

 

 

 

 

 

せっかくなんで、ミッキーも交えて記念撮影だ。

P2190346.JPG

ミッキーとミニーはいつも仲良しなのだ。

 

 

 

 

お店の備品を快く貸して頂き、岩沼ベースさんありがとうございました。

P2190348.JPG

朝GOを4輪で初参加でしたが、全く楽しく過ごせましたね。

ただ目の前でライディングを見せつけられて持病が悪化しておりますが(笑)

 

さて、そろそろバイクシーズン到来。

整備もさることながら、体力維持を行って今年も健康にライド出来ればと思います。

 

でわでわ。。

 

 

 

 

 

 

 


Z125 PRO 試乗 [photolog]

昨年の年末の事ですが

Z125 PROの試乗をして参りました。

 PC040460_800_600.JPG

 

KLX125と同じKawasakiの125クラスのロードモデルということもあって

ちょっと気にはなっておりましたが、偶々訪れたカワサキオート山形さんで試乗車を発見してしまい、

KLX125のタイヤ注文と合わせてちょこっと乗らして頂きましたよ。

ただ、ワタクシ勝手のインプレなもんで、あくまで個人的な主観であり、また同メーカー同クラスの愛機KLX125からの視点という

感想で述べますので悪しからず。。

 

 

 

 まずは外観

試乗したのはキャンディーライムグリーンの車両

PC040453.JPG

 かなりコンパクトにまとまった車体

同クラスのHONDA グロムとの比較がどのインプレにも多いようですが、KLX125から見たら非常にコンパクトで取り回し

がすげー楽です。

試乗して一番印象的なところ。Z125 PROは前後12インチのホイールですが、KLX125のF19インチから乗り換えると、

怖かった・・・・

目線をコーナー出口に向けただけで、スーッと曲がってしまうのです。KLX125で曲がる時は一言「ヨイショ~」と

心で唱えてから曲がるのですけど、全く持って面白いくらい曲がるわ。。

慣れれば絶対楽しい相棒になるな。

 

 

 

 

 

 

 

パッと見、目を光らせてしまうのが、KSRと同じ倒立フォーク。

またZ250 でも採用しているアンダーカウルも標準装備。

PC040455.JPG

 小型車だからという理由では手を抜いていない、Kawasakiの本気が感じますよ。

 

 

コンパクトな車体とアップハンドル。

それに意外と大きく感じるガソリンタンクはニーグリップもしやすく、またポジションは日本人の標準的体系代表の

ANIKIからしますと、専用設計みたいしっくりくる(笑)。

PC040458.JPG

ガソリンタンクは7.4Lを確保。燃費は不明だが、今の技術での125であればKLX125と同じく40km/L以上はいくだろうね。

ちなみにKLX125は7LでZ125 PROのほうが若干多く入りますので、無給油で250km可能、容量的にロングツーも可能だね。

ピンクナンバー最高。

 

 

 

 

ライト周り

PC040447.JPG

 昆虫系の今風の出で立ち。

ネイキッドというと丸目という世代ですが、特に違和感はなく、むしろ小さいボディーに迫力があるライト周りかと感じます。

暗い時間帯で試乗してませんから、明るさの度合は不明だけど、大きさからみて可もなく不可もないでしょうね。

 

 

 

 

 

 

コックピット

PC040446.JPG

 先ほど記述した通り、このアップハンドルからの操作性は抜群。KLX125のようにホース類がメーター前に被ってしまう

事もなく操作もピカイチ。メインキーはガソリンタンク前方に設置。

 

 

 

メーターはロードらしく、アナログタコメーターにデジタルスピードメーターを装備

PC040461.JPG

視認性は良かったですよ。それに燃料計、時計、各トリップメーター、それにギアポジションインジケーターもあるよ。

もうスズキ車だけじゃなくKawasaki車にもあるんだね。KLX125にも何となく欲しい気がする。。。

 

 

 

 

エンジンは56.0mm×50.6mmのショートストローク

PC040449.JPG

このふけあがりはビックリしたよ。

KLX125が54.0mm×54.4mmのほぼスクエアのロングストロークだったから粘る感覚が強い印象だけど

このZ125 PROはクラッチミートした瞬間からグングンと軽く上昇しスピードに乗る感覚。

この加速感を今の4st125ccから感じるとは思わなかったよ。

KLX125も10PSの馬力を誇るが、Z125 PROは若干低い9.7PSとはいえ、乾燥重量がKLX125より10kg軽い

102kgなもんでより加速を感じるんだろうな。。

ミッションもワイドレシオな4速リターン。

試乗した限りでは特に不満はなかったけど、これで5速だったらもっと楽しそうかな。。125クラスって回転を落とさず

ギアを忙しく動かしてキープして走る楽しみがあるから峠なんか最高に面白いんだよね。

一度、宮城と山形の県境にある笹谷峠をこいつで走ってみたいよ^^

 

 

 

 

 

 

足回り

PC040450.JPG

 ロードらしくカチッとした印象だね。剛性もしっかりして急ブレーキでもコシがあって良く動くしブレーキもしっかり効くね。

 排気音もノーマルでも元気がよろしい。

 

 

 

 

約15分ほど試乗コースを往復したくらいですが、何となくZの称号が与えられたのがわかる気がします。

 もし、ワタシが今現在、オフロードという世界に目覚めず、林道にも恋していなかったら

間違いなくワタクシの相棒にしていたかと思いますよ。ホントだよ。

PC040452_800_600.JPG

個人的な事情ですが、スペースも気にしないで、自宅にも置けるし(笑)。

けどコンパクトなボディーから想像できない走り。やはり、Z末っ子は走りに妥協をかんじさせない、

そんなマシンですね。

 

 

 

 

でわでわ。。